Media メディア

  • HOME >
  • MEDIA >
  • 動物は人間を救う🌎
2019.10.04
福祉

動物は人間を救う🌎

皆さんこんにちは!

aun company中牧です!

 

皆さん動物はお好きですか??

私は小さい頃から大好きです!

小さい頃は動物編へ行くのが

とても好きでした😳

今でももちろん好きです!

 

私は1年前、わんちゃんを里親として預かり、

一緒に暮らしていくことになりました。

 

 

この子が来てから毎日癒されて

元気が出でて、毎日幸せです♡

私だけじゃなく、家族みんなも癒されて

この子を見るたび笑顔になって

皆メロメロです😊

自然と家族同士の会話も

増えたように思います。

 

そこで私は

動物の力ってすごいのではないか。

動物が人を、人の心をいやす

1番いい薬なのではないか。

早速調べました。

 

🔍 動物 介護 救われる 検索 

 

 

 

結果 アニマルセラピー

 

 

 

 

…なんだそれは!?

 

 

となったので、、笑

今回は私のように

アニマルセラピーを知らない方のためにも

アニマルセラピーについて

お話したいと思います!

 

「アニマルセラピー」の画像検索結果

 

アニマルセラピー(動物介在療法)は、

動物との触れ合いを通じて治療をする

リハビリテーションのことです。

認知症の人や、脳卒中・脳出血の後遺症で

感情のコントロールが難しい人に

用いられることがあります。

このアニマルセラピーの代表格とされているのが

ドッグセラピーです。

アニマルセラピストと呼ばれる専門家のもと

できちんと訓練されたセラピー犬とともに

セラピーが行われます。

 

「アニマルセラピー 訓練」の画像検索結果

 

ドッグセラピーの効果は

どこにあるのでしょうか。

 

まず、犬と触れ合うことで、

単純に「楽しい」という気持ちが起こります。

ワクワクした気持ちで、気分が明るくなり、

前向きになれます。

また、犬を話題にすることで、

まわりとコミュニケーションを

とるようになる人もいます。

認知症の方は、とかく会話をすることを避け、

うつ状態になりがちですが、

犬と触れ合うことによって

精神的に安定し、

笑顔を取り戻すことが

わかってきています。

 

「アニマルセラピー フリー素材」の画像検索結果

 

ドッグセラピーでは、

2通りのプログラムが実施されています。

1つは犬と遊んだり、抱っこや

なでたりして触れ合う方法。

もう1つは、ごはんをあげたり

散歩をしたりなどの、犬の世話をする方法です。

 

主に精神的な効果が期待できます。

具体的な世話をすることによって

よりいっそう犬を愛おしく思うようになり、

もっと世話をしてあげたい

という使命感が生まれる効果を狙います。

特に認知症の方は「犬の世話をする」

という使命感によって

うつ状態や無気力が改善される

といわれています。

 

「アニマルセラピー フリー素材」の画像検索結果

 

また、犬と一緒に散歩をすることで

足腰の筋力がアップします。

リハビリが必要な方は

「犬と一緒に散歩をしたい」

という気持ちを持つことで、

リハビリを頑張るようになる

ということもあるようです

 

最近では

犬や猫と一緒に入居できる

老人ホームもできています。

老人ホームに入居しなければならない

そんな状況になったときに、

家族同然に暮らしてきた犬や猫を

手放すつらさは、はかりしれないものがあります。

このつらさをきっかけに、

精神的に不安定になったり

することもあるようです。

 

「犬 お別れ」の画像検索結果

 

したがって

最後まで一緒に愛犬、愛猫と過ごしたい

と願う人たちの気持ちに寄り添った

老人ホームの存在は、とても心強いものになります。

それだけではなく、飼い主が亡くなって

取り残された犬や猫、

殺処分寸前だった犬や猫を引きとり、

老人ホーム全体で面倒を見る

取り組みも行われています。

 

関連画像

 

昔から、犬や猫は人間の良き相棒として

親しまれてきました。

動物たちが私たちに与えてくれるものは

癒し効果だけでなく、医学的にも

触れ合うメリットがある

ということがわかってきました。

動物がふりまく屈託のない表情や態度は、

誰にでも受け入れられるのでしょう。

今後もドッグセラピーに、

注目していきたいです!!

 

 

過去のブログ

『妊婦だって大変。』

https://aun-company.co.jp/media/2074/

Dearie
http://www.dearest-partners.jp/1609-05/

引用・参考