Media メディア

  • HOME >
  • MEDIA >
  • SDGs1~貧困なくそう編~
2019.11.26
福祉

SDGs1~貧困なくそう編~

 

 皆さんこんにちは。

 aun company中牧です。

 

 今回はSDGs goal1

「貧困をなくそう」について

 この目標を叶えるために

 まずは知ることが大切です!

 現在の日本は

 どのような貧困状態が問題

 どのように対策しているのか

 どのように対策すればいいのか。

 それをお伝えしたいと思います!

 

 ぜひ皆様も

 一緒にお考え下さい!

 

「sdgs ロゴ 1」の画像検索結果

 

 貧困には

絶対的貧困」

「相対的貧困」

 の、2種類があります。

 

 絶対的貧困とは

 着るものがない。食べるものがない。

 住む場所がないといった

 衣・食・住が欠けており、

 人間として最低限の生活を

 営むことができない状態のことを言います。

 

 相対的貧困とは、

 国民の年間所得の中央値50%に

 満たない所得水準の人々

 のことを指します。

 

 つまり、

 生活全てにおいて低水準で、

 貧しい思いをしているのが

 絶対的貧困。

 金銭的に困っているのは

 相対的貧困。

 ということです。

 みなさんが「貧困」

 と言われて想像するのは、

 絶対的貧困の方ではないでしょうか。

 

 私たちが住む日本の「貧困」は、

 一般的に相対的貧困を表します。

 日本では収入がなくても

 生活保護などで

 生きていける仕組みがあり、

 最低限の食べものや住む場所、

 衣服は用意されるため

 絶対的貧困に当たる人は

 ほとんどいません。

 

ホームレス, 通り, アート, 現実, 人, 貧困, うつ病, 悲しみ, ヘルプ, だけで, 悲しい

 

 日本は相対的貧困率が

 経済大国の中でも

 特に高いと言われています。

 先進国の中では中国やアメリカに次いで

 3番目となっていて、先進国の中でも

 貧困率が高いことが分かります。

 

 ひとり親世帯の貧困率は

 2015年で50.8%となっており、

 半数の家庭が貧困状態なのです。

 

母, 意気消沈した, ホームレス, 赤ちゃん, だけで, Sonaaf, 孤独です, 貧しい, 距離, 物ごい

 

 相対的貧困率が上がっている理由として、

 高齢化ももちろん関係しているのですが

 子どもの貧困率も

 非常に関係しているのです。

 

 

 

 子どもの貧困率が高い原因として

 大きく分けて2つ考えられています。

 

 1つ目は親の収入の問題です。

 親が仕事をしていない。

 アルバイトなどの

 非正規雇用のため給与が少ない

 これらが貧困の根本的な原因です。

 

 日本は離婚率が高い

 ということがわかっていますが、

 これによって

 ひとり親世帯が増加し、

 特に親権の問題から

 母子家庭が多くなる傾向にあります。

 このような母子家庭では

 子育てとの両立が難しいなどの理由から

 正社員になる割合が父子家庭より低く、

 非正規雇用で働くことを

 余儀なくされることが多いのです。

 こうなると給与や待遇面で不利益になり、

 収入が少なく貧困状態に陥ってしまう

 と考えられています。

 

人, 食品, 貧困, 闘争, 飢えた, 飢餓, 米, 貧しい, 食事, 摂食, 夕食, 必要があります

 

 2つ目は日本の社会のルールです。

 現在の日本には未だに

『いい大学を出た人間が

 いい企業に就職できる。』

 という一種の成功者になるための

 レールが存在しています。

 このレールに乗るために、

 子どもは勉強に

 一生懸命取り組んでいます。

 

 この仕組みだと貧困により、

 学力を補うための塾や多くの経験が

 得られる習い事もできません。

 学力や経験に差が生まれ、

 将来的には就職や

 生涯収入の格差につながります。

 その子どもが親になれば

 貧困の連鎖が起こってしまいます。

 

子ども, 少年, 子, ペン, ノートブック, 書き込み, 貧しい, 貧困

 

 子供の貧困問題は

 他にも大きな影響が出てきます。
 (2015年の結果から、子どもの7人に1人が貧困状態。)

 貧困は、子どもの体や心の成長を

 妨げる可能性があります。

 

 例えば

 家庭の収入の少なさから

 3食しっかりとれる子どもが少なくなり

 場合によっては、学校の給食頼り

 という家庭も存在します。

 

 また、ひとり親や共働きだった場合、

 子どもは1人の時間が多く、

 食事も孤食となる可能性がでてきます。

 これは子どもの体の成長だけでなく、

 心の成長にも大きく影響します。

 コミュニケーションを取る機会が

 減ってしまい、うまく取れなくなり

 大人になった時必ず苦労します。

 

ラオス, 女児, 凝視, 女の子, 子, アジア, 顔, 子ども, 人, 汚い, 貧困, フェンス, 東

 

 さらに自己肯定感を失う可能性も

 考えられています。

 家にお金がないことから

 様々なことを諦めて、

 否定的な考えを持つようになります。

 これによって勉強や将来の夢なども

 諦めがちな性格に

 なってしまうでしょう・・・。

 

 

 

 子どもの貧困問題は、

 当人の貧困状態だけでなく

 社会全体の損失にもつながります。

 貧困者になった場合、

 納税ができないなどの問題で

 国が損失を被ることになり、

 その社会的損失は42.9兆円になる

 と、いわれています。

 子どもの貧困は現在だけでなく

 将来的な問題を引き起こす

 重大な問題、課題なのです。

https://gooddo.jp/magazine/poverty/children_proverty/73/
引用・参考

子供, 円の中に横たわっています, 少年たち, 女の子, 人, 若いです, 子, 楽しい, グループ, 笑顔

 

goal1「貧困をなくそう」

     を叶えるためには?

≪家族編≫

 1人にさせるのではなく

 たくさんの地域で行われている活動に

 子供を預けましょう。

 

「放課後児童クラブ」

 共働き家庭や留守家庭の
 10歳未満の子どもに対して、
 放課後の児童に適切な遊び
 生活の場を与えて
 健全な育成を図ることを
 目的とした取り組みです。

 

「児童館」

 児童に健全な遊びを与え、
 情操を豊かにすることを目的とした
 児童福祉施設です。
 設備には遊戯室や図書館があるので、
 遊びと学習どちらも行えます。
 友達や大人とコミュニケーションを
 取ることもできます。

 

「子ども食堂」

 しっかり栄養も取れて
 安価、もしくは無償で、貧困家庭でも
 問題なく利用できます。
 孤食の心配もなし!

 

「放課後子ども教室」

 安全・安心で学習やスポーツ、
 文化芸術活動ができることを
 目的とした取り組みです。

 

≪周りの方編≫

「ボランティア活動」

 貧困問題を伝えるための講演会
 子どもとの自然体験活動など、
 幅広い取り組みがあります。
 根本的な解決にはならないかもしれませんが、
 子どもの気持ちを支えてあげることはできます。

 

「寄付活動」

 お金や服などを寄付することで
 子どもたちを助けることもできます。
 着られなくなった服をあげたり、
 お金を寄付することで
 物質的にも、精神的にも
 支援することができます。

 

 1人1人の小さな想いやり

 積み重なることで、

 大きな成果となります!

 

 

 私たちaunは

 日本子ども支援協会の会員です。

 

 日本子ども支援協会とは

 親子が親子で暮らせるように

 地域や国の様々な機関と連携し、

「子どもの最善」をアセスメントしながら

 活動している団体です。

 寄付をすることで
 
 活動資金や物品の支援ができたり

 イベントに参加できたりします。

 

 詳しくはこちら

 ✔aun BLOG
『「日本子ども支援協会」× delight』
 https://aun-company.co.jp/media/847/

 ✔日本子ども支援協会
 https://npojcsa.com/jp_children/poverty.html

 

過去のブログ

『絶対ダメ!子供への虐待』

https://aun₋company.co.jp/media/861/