Media メディア

  • HOME >
  • MEDIA >
  • SDGs4~質のいい教育を編~
2019.12.17
福祉

SDGs4~質のいい教育を編~

 

 皆さんこんにちは。

 aun company中牧です!

 

 今回はSDGs goal

「質の高い教育をみんなに」について

 お話したいと思います。

 

✔ SDGs~初めまして編~
 SDGs~17のゴール編~
こちらもぜひ✔してみて下さい!

 

 

 想像してみて下さい。

 

 もしもあなたが

 文字を読めないとしたら。

 

 もしもあなたが

 計算ができないとしたら。

 

 例えば病気になった時、

 文字が読めないと

 どの薬を何錠飲んだらいいのか

 分からない。

 

 例えば買い物する時、

 計算ができないと

 おつりがあっているのか分からず

 安心して買い物ができない。

 

 日常生活を満足に遅れない。

 

麻薬, 医学, 薬, 丸薬, 健康, 医師, を治療します。, 健康的です, 病気, 問題, 健康上の問題

 

 それだけでなく、

 読み書き計算ができないと

 能力が必要な仕事に就けない。

 そのせいで

 収入が少ない
   ↓
 食料が買えない
   ↓
 栄養が取れない
   ↓
 病気になりやすく、 
   ↓
 満足に仕事ができない

 

 1つのできない

 たくさんのできない

 つながるのです。

 

 

 学校に通えない子供の数

 世界でおよそ1億人。

 これは2000年時点での数字です。

 しかし、現在

 約6,100万人まで

 減少しました。

 少しずつ学校に通える子供たちが

 増えているのです!

 

子, 読書, 聖書, ベッド, アフリカ, 教育, 少年, 読み取り, 本, 宗教, 知識, 勉強, 研究

 

 と言っても

 まだ6,100万人。

 6人に1人

 教育を受けることなく

 大人になるのです。

 

 読み書きできない人(15歳以上)

 現在、約7億人います。

 なんと、その3/2

 女性なんです。

 学校に通わせず、女の子だけに

 水汲みの仕事が任されたりしています。

 (次のgoal5 ジェンダーの平等に繋がります)

 

 教育が受けられない理由は

 ・学校が近くにない。

 ・先生がいない。

 ・お金がない。

 ・働かなければならない

 ・兄弟の世話の為

 ・病気の為

 ・戦争

 様々な理由で学校に通えない、

「学びたくても学べない」子どもたちが

 たくさんいます。

 

数学, 黒板, 教育, 教室, チョーク, 学習, 数式, スケール, 方程式, 学校, 研究, 学ぶ

 

 教育が受けられない場合、

 貧困から抜け出すのは

 簡単ではありません。

 収入を得る方法が

 身につかないからです。

 

 基礎的な知識を持っていなければ、

 しっかりとした仕事に

 就けない場合もあります。

 他人とのコミュニケーションが

 うまく取れず、

 辛い思いをしながら

 生活する人々がいるのも事実です。

 安定的な生活を送るためには、

 教育は必要不可欠といっても

 過言ではありません。 

 

children washing dishes outside

 

 もし、

 すべての子ども、学生たち

 基礎的な読解力を身につけて

 学校を卒業できれば、

 1億7,100人が貧困から

 抜け出すことができます 

 

 もし、すべての母親

 中等教育を受けていれば、

 1,200万人の子どもたちが

 発育阻害から救い出せます。

 

 もし、すべての女性

 中等教育を受けていれば、

 子どもの死亡は

 49%減少します。

 

three kids on window

 

 世界中には「質の高い教育」

 受けられないことで、

 貧困に苦しんだり。

 生きられるはずの子どもが

 死んでしまったり。

 無理やり結婚させられるしかなかったり。

 ということが、

 今も起こり続けています。 

 

「質の高い教育をみんなに」は、

 すべての人が公平に

 質の高い教育が受けられる世の中を

 目指す内容で、世界中の人々が

 生涯学習を受けられる機会を

 促進させます。

 

boy writing on printer paper near girl

 

 具体的には

「2030年までにすべての男女が

 無償で初等・中等教育を修了すること」

 が第一目標で、経済的な理由で

 教育を受けられない人々を救います。

 

 実現するためには、

 世界各国が協力して、取り組みを

 行わなければなりません。

 寄付や募金によって

 救われる人は必ず存在しています。

 

 少しのお金の援助であっても、

 1人の子どもに教育の機会を

 与えられるかもしれません。

 私たち、

 1人1人の行動が、

 貧しい人々の人生を

 変えるのです。 

 

サンタ, Santarun, クリスマス, 赤, 髭, クラウス, 男, 帽子, ひげを生やした, 冬

 

 日本では義務教育という

 制度があるので

「学校がない」

「学校に通えない」

 ということは

 想像もできないし

 ありえないことですよね。

 

 学生の時に

「学校イヤーーー!!!」

 と言っていた自分を

 殴ってやりたいです・・・(笑)

 

 世界中の子供が

 勉強ができる世界

 私たち、みんなが協力して

 必ず作りましょう。

 必ず叶います!!!

 

過去のブログ

『睡眠障害。』

https://aun-company.co.jp/media/3315/