Media メディア

  • HOME >
  • MEDIA >
  • 中学生の私が介護を選択した理由
2020.06.30
福祉

中学生の私が介護を選択した理由

皆さんこんにちは✨

 

自己紹介より、

時間が空きすぎましたね💦

 

松永静香です。

 

さて、何を書こうか・・・・と

色々と考えたけど

まずは多くの方々に私のことを

知って欲しいので私がこの世界

(介護業界)へ入ったきっかけや

今までの活動などを少しづつ

紹介していきたいと思います!

 

遡ること何年前だ〜😅

たぶん 28年前 !!!  

遠い記憶で忘れてしまう💦

 

高校進学を決める時期の中学3年生の私

 

「看護師になりたい」という夢があった!

 

当時の担任の先生に〇〇高校に行きたい!

と相談したところ

『看護師もいいけど、

これからは介護の時代がくる!』

と、先生に言われ

 

????  ← 当時の私😅

 

そう!!

先生の言っている意味が分からない!笑

 

『これからの時代!!?』

『介護!!!??』

 

カイゴッテナニ!??   

 

まさに外国人になった気分💦 

 

こんな状態でした!!

 

だって私、まだ15歳!

大切に大切に育てられた

世間知らずの女の子❤️ 

 

そりゃ〜

先生の言ってることがわからないですよ〜 

 

 

そしてもう一つの動機!!

 

当時セーラー服ばかりの時代に

桂由美さんデザインの

ブレザーにプリーツのスカート❤️ 

(この言い方も古い??😅 )

カワイイ制服が着たい!!

 

ここも女の子ですよね〜 ✨

 

私立高校で専門課程がある高校

しかも制服がカワイイ!! 

 

先生に相談する前からその

高校に行くことは決めていた。

 

あとは、

看護科を選択するのか?

医療福祉科(介護福祉士)を

選択するのか?  

 

看護師になりたかった私は

なぜか今でも分からなけど

先生が言っていた

 

「これから介護の時代が来る!」

 

不思議とこの言葉がずっと頭にあり

この道へ足を踏み入れることになりました!

 

今初めて先生に言われて「介護の時代?!」

って思った日のことを振り返ると  

 

ただ、

単純に好奇心でしかなかったのだと思う!!

 

私、好奇心の塊の様な人ですから〜😂

 

そして、この時から、

介護福祉士を目指すこととなる!!

 

*当時はゴールドプランから

新ゴールドプランへ移行される時

 

解説 (覚えておこう!!)

「ゴールドプランとは?」

高齢化社会に備え、

当時の厚生省・大蔵省・自治会の

合意で1989年に策定された

通称「高齢者保健福祉推進10ケ年戦略」。

その後1995年「新ゴールドプラン」

2000年ゴールドプラン21と

施策計画が続いた。

 

 

介護福祉士を目指す私は高校三年間

泣きながら学んだ3年!

 

続きは、次回投稿しますね〜✨

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました🌿🌿