Media
メディア

2019.09.26 社長ブログ

海外ドラマ

先日、

タランティーノ監督の最新作

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを観てきました。

 

 

なんというか、

正直、意味が分かりませんでした。笑

 

 

タランティーノ監督の

世界観は十分に出ていて見応えはありました。

 

しかし、

色々な解釈はあるものの

何が伝えたかったのか、、、

正直、私には刺さりませんでした。笑

 

キャストは最高でしたが!!

 

ちなみに、

私は大の映画好きです。

 

 

厳密にいうと、

映画も好きですが、

海外ドラマを狂ったように観ています。

 

 

20代の頃は、

最低でも一日一本は観ていましたし、

休みの日に至っては、

朝から8本くらい観ることもありました。

 

確実に変な評論家よりは観ています。

 

 

それよりも、

なぜ、映画よりドラマを

観るのかというの理由は簡単です。

 

 

ストーリーが終わらないからです。

 

 

海外ドラマはシーズンを

重ねる度に予算が増える仕組みです。

よって、アクションは派手になり、

高額なギャラで優秀なキャストが増えていきます。

 

 

つまり、、、

続編が出る=面白くなる

 

 

時々、

続編が出ない方が

良かったと思う作品もありましたが。。。

 

 

また、

映画は3時間ほど、

日本のドラマは10話程度で完結しますが、

キャラクター設定がはっきりし、

ようやく、ここから面白くなるのになぁーって、

思ったタイミングで終わってしまいます。

 

面白いモノは終わらなくて良い!!

 

ちなみに、

過去に観た海外ドラマは、、、

ER、24、SUITU、プリズンブレイク、

ロイヤルペインズ、HEROS、CSI、

Breaking Bad、Super Natural、

ビバリーヒルズ、メンタリスト、

マッドメン、Drハウス、LAW &ORDER、

トゥルーコーリング、BLACK LIST、

ダークエンジェル、etc…

 

 

書き出したらキリがないくらいの観ています。

 

 

そんな私が

オススメするドラマは、

なんと言っても

“クリミナル・マインド”というドラマです。

 

 

FBI行動分析課の人達が

様々なシリアルキラーを

逮捕するというストーリーです。

 

犯人は何がキッカケで事件を起こしたのか?

 

それが分かれば次にどんな

人間を狙い、どこで狙い、

どんな殺し方をするのか、

これらも全て予測出来ます。

 

行動分析とは、言わば、

殺人犯の気持ちも

理解するということなのです。

 

実際の犯罪心理学に

どれだけの意味と効果が

あるのかはわかりませんが、

我々の人財業にも心理学が

活かされることはよくあります。

 

犯罪心理学については、

また、改めて書きますね。

 

 

少し強引にドラマと

仕事話を結びつけましたが、

今日はこの辺で失礼します。

 

現在、スーパーナチュラルの

最新シーズンが出ているので

寝不足な日々です。。。