Media
メディア

2019.11.27 社長ブログ

ダメだコイツは・・・

最近、口が悪くて、

周囲から怒られている渡邉です。

 

さて、突然ですが、

皆さんの周りにもダメな奴はいませんか?

 

 

コイツは、、ダメやわ・・・

 

 

そう、思える人間の特徴を書いてみます。

 

「何事も続かない」

何をやっても長続きしない。

夢と目標の違いを理解していない

若者ならまだしも、未だに自分が

特別な人間だと勘違いしている大人。

こういう人の特性は、

身近な人や成功者を否定したがる人が多い。

 

 

「でも」「だって」「違うんですよ」

言い訳ばかりの自己防衛本能丸出しの人。

言い訳や愚痴ばかり言い、

自分は学ぶことはしないが、

他者に自分を否定されることを

極端に嫌うし、恐れる。

こういう人の特性は、

自分よりも経験の浅い人との

コミュニティを大切にする傾向がある。

中学生が小学生と遊ぶような思考。

それに、自分を認めてくれない人は

無能だ、と、さえ思う人が多い。

 

 

「浪費癖がある」

ギャンブル、ゲーム、

無意味なセミナーの浪費。

ギャンブルと携帯ゲームは

時間とお金の浪費でしか無い。

こういう人の特性は、

とにかく、時間とお金の無駄使いをする。

そして、その無意味な行動に

意味があるようなことを口にする。

 

 

「セミナーにはまる人」

何かを学んだ気になり、

成長した気になっている。

こういう人の特性は、

情報だけはアップデートされているが、

自身の経験値はさほどない人が多い。

また、学んだ情報を活かす術を知らず、

情報社会が産み落とした勘違い人間。

ただし、このパターンの人は、

他のパターンと異なり、人(講師の能力)を疑い、

自分を信じることをし、自信が持てれば

確実に成長し、結果も出せる人になれると思います。

 

 

結論、全てに共通するのは、

無意味にプライドが高い人です。

 

そもそも、

根拠のなきプライドは勘違いだ。

また、そこに気付いていないことが馬鹿だ。

馬鹿はさらなる馬鹿を増やし続けていく。

 

 

ピカソの絵を贋作できたとしても

ピカソが浴びた称賛は決して得られない。

三歳児にAIを語っても

意味もないし、夢のある未来も作れない。

 

 

ところで・・・

先日、こんな人と会いました。

 

自分の人脈を活かして

数年後には大きなビジネスをしたい。

ただ、事業計画の意味も知らない、

根拠のない掛け算で売上を出し、

ブラックな事業をグレーと言う

35歳過ぎた人が真顔で語っている。

その後、彼は投資も依頼してきた。

そして、挙句の果てに有名なお笑い

芸人も応援してくれている、と語った。

 

 

・・・深い溜め息が出た。

コイツ、救いようがない馬鹿だ。

理念もなく、事業計画も知らず、

法に触れているかも調べず、

叶わない夢を語る働く彼に吐き気がした。

しかも、そこに罪悪感も不安も感じていない。

アホな芸人の無責任な言葉を盲信し、

自分は特別な人間だと信じて疑わない様子。

 

 

私はハッキリと伝えました。

「断言しますね。

絵空事だよ。

今の貴方では世の中を良くするどころか、

人を不幸にするだけやし、少なくとも、

貴方に特別な才能や能力は私には見い出せない。

残念だけど、きっと、そのお笑い芸人にも

これからも、毎月、搾取をされ続けて、

5年後も今の給料で働き続けていると思う。

それと、もう一つ。

本当に、そのお笑い芸人のお墨付きなら、

なぜ、彼はお金を出さないのでしょうか?

絶対に儲かるなら誰でも出すと思いますよ。

それが、答えだよ」と。

 

 

彼のためでもあり、

いつか、彼の被害者になり得る

人たちのため、はっきりと伝えました。

 

 

私自身も偉そうに語れる

立場にはありません。

彼に対しても恨みの偏見もない。

夢を語るのもいい、

目指すのも素敵なこと。

ただ、あの年齢で勉強もせず、

自分を高い位置におき、

人を見下す口調で話す彼の

現状が滑稽で、情けなく思えた。

 

しかし、これも何かの縁。

不幸になることが分かっているのに

指摘せずにはいられなかった。

 

今後、彼の人生がどうなるかは

私には分かりません。

しかし、今のままでは彼は

数年後も同じ話をしているのだろう。

 

いつか、どこかのタイミングで

気付いてほしい、と切に願います。

 

 

それでは、今日もお疲れさまでした。

結局、今日も口が悪かったです。。。

 

【過去ブログ】

管理栄養士 仲村さんブログ

夜勤オススメおやつ

 

https://aun-company.co.jp/media/3118/