Media
メディア

2020.02.18 社長ブログ

FANTASISTA

ファンタジスタとは?

 

一説では、機知に富んだ台詞と

即興芸の得意な役者や大道芸人のこと。

 

また、

ずば抜けた技術を持ち、

創造性に富んだ、

意想外のプレーを見せる

天才的なサッカー選手を指す。

 

 

FANTASISTAと聞き、

私ぁ真っ先に浮かぶのは、

元サッカー日本代表の

中村俊輔選手です。

 

 

中村選手のプレーは、

とにかく華があり、

観客を魅了します。

 

幼い頃から、

サッカーが好きで、

歴代選手の中でも

一番憧れた選手です。

 

 

左足から繰り出される

魔法のようなパスや

軽やかで、

羽が付いているかのような

柔らかい足首から

繰り出されるテクニックは

まさに、魔法です。

 

また、

常人には

見えていない

一歩先の未来へ

出すスルーパスは

敵だけではなく、

味方でさえ、

彼に動かされている

ような感覚になると

聞いたことがあります。

 

気付いたら、

ボールが足元に来ていて、

ただ、ボールに足を

合わせただけで、点が入った、と。

 

中村選手は、

空間だけでなく、

未来まで作り出します。

 

 

そして、

中村選手を語る上で

最も象徴的なのは、

フリーキックです。

 

左足から

繰り出されるのは、

芸術的な放物線です。

 

蹴り上げた瞬間、

ゴールを突き刺します。

 

 

ボールを蹴った

瞬間に’’入る’’と

確信させられる

キッカーは決して

多くはありません。

 

 

ゴールが入った瞬間は、

スタジアムにいる全員が

立ち上がり、

中村選手の名前を

大きな声で叫びます。

 

おそらく、

世界のフリーキッカー

の中でも5本の指に入る

選手だと私は思います。

 

 

各国の

名ゴールキーパーが

一歩も動けず、

彼に点を奪われる瞬間を

私は何度も何度も観ました。

 

 

過去、

中村選手が

FKで点を奪った有名な試合といえば。

 

 

コンフェデレーションズカップ

日本×フランス

 

 

CL 決勝トーナメント

セルティック×マンチェスターU 

 

 

間違いなく、

この二試合でしょう。

 

まさに、伝説的なゴールでした。

 

 

点を奪われた

相手チームでさえ、

笑うしかない、

そんな表情でした。

 

 

それくらい

中村選手の

FKは芸術的です。

 

 

まさに、FANTASISTA!!

 

 

現在、

41歳にして現役で活躍中。

選手としてのピークを超えたと

言われる今でもファンタジー溢れる

プレーで我々観客を魅了してくれます。

 

 

今年は、

横浜FCのメンバーとして、

J1復帰も果たしました。

 

 

関西で試合する時は、

ぜひ、観に行こうと思います。

 

 

完璧な余談ですが、

私もいつか、

FANTASISTAとなり、

ライバル会社から、

コイツに負けるなら、

仕方ないって、

笑ってもらえる

人間になろうと思います。笑

 

 

 

「過去ブログ」

’’生き急げよ’’

https://aun-company.co.jp/media/3502/