Media
メディア

2021.09.12 社長ブログ

20年

2001年9月11日

アメリカ同時多発テロから20年が経った。

僕は当時、20歳だった。

あまりにも残酷な事件だった。

そして、あまりにも衝撃的な映像だった。

これ、映画やんな?

作り物で絶対に嘘やんな?

飛行機がビルに突っ込むなんて嘘やろ?

しかし、それは、紛れもない事実だった。

その当時、僕は毎日、

テキトーに過ごしていた。

とても、真面目に生きている

人たちが最も簡単に生命を奪われてしまった。

彼らは何も悪くない。

飛行機に乗っていただけ。

ワールドトレードセンターで働いていただけだ。

泣き叫ぶ家族。

懸命に治療にあたる医療従事者。

自分は何のために生きてる?

時間を浪費するかのようにダラダラ

生きていて心から恥ずかしくて仕方なかった。

この事件を機に、

本気で生きないといけない。

そう、強く思った!!

こんな中途半端に生きていてはいけない。

今も中途半端に生きてる人は歴史に学んでほしい。

生きていることに意味はある。

だから、時間や人を大切にしてほしい。

9.11でお亡くなりなった方へ

追悼の意を表します。

そして、これからも必死で生きていきます。

では、今日はこの辺で。