Media
メディア

2022.04.05 社長ブログ

「新成人」

令和4年4月1日より、

成人年齢が20歳から18歳へ引き下げとなった。

それによって、様々な影響が出るだろう。

18歳の若者だけでなく、社会全体としてもだ。

例えば、

クレジットカードの契約、携帯電話の契約、

結婚(女性は16歳から18歳へ引き上げ)

パスポート取得、行政書士などの専門資格の取得、

選挙権、裁判員など、これらの責任が発生する。

飲酒、喫煙、公営ギャンブル、

国民年金加入などは20歳のままだそうだ。

少年法については、

犯罪の種類によっては特定少年と定めたり、

実名報道が可能となる犯罪もあるとのことだ。

なぜ、日本の政治家は、

グレーゾーンばかり生み出すのだろうか?

白は白。黒は黒だ。

グレーなルールなんか作らず、

18歳を成人と認めるのであれば、

すべてにおいて大人として向き合うべきだ。

正直、僕自身は、

新成人の年齢引き下げには反対だった。

理由は色々あるけど、

日本は子ども達に重い責任を

負わせられるほどの教育を受けさせていない。

この令和時代に

未だ道徳という授業があり、

お金に対しても綺麗事を教え、

個性すら認めてあげれていない文化が

日本にはびっしょりとこびりついている。

それにも関わらず、

18歳になったからといって無条件で

社会に放り出すのは’’日本’’には絶対に合わない。

ちなみに、

20歳を成人としている国はかなり少ない。

ただ、どうであってもこれだけは言える!!

じーさん&ばーさん達が大人だと決めつけるな。

※じーさん&ばーさん=政治家さん

数十年も同じ教育や制約や

ルールを与えてきたのに急に

18歳になった若者に厳しさを与えるのは残酷だ。

わがままを個性と呼び、

自己満足な迷惑動画をアップし、

ただのナルシストをセンスと名付けて、

多様性やSDGsの屁理屈理論を振り翳し、

平気で誹謗中傷をツイートする輩も多い。

そんな恥ずかしいことを

30歳超えた”少年おやじ”達が平気でやっている。

また、成人年齢の引き下げをすることで、

正常な判断基準がない少女たちを騙して、

AVなどに出演をさせる事件も横行するだろう。

絶対に今の日本社会には合わない。

国の法律を変えたり、

時に強引にでも政治家が推し進めることはある。

それは、政治家として国を良くするために必要だ。

それであれば、

グレーゾーンなんかは作り出さずに

しっかり教育を変えて、子供たちに自覚持たせ、

数年後の新成人(18歳)から始めるべきだと思う。

これを社会全体でしていければ、

本当の意味で若者が日本を活性化させるはずだ。

結果として、

本当の意味で経済や政治が変わる。

それと、

一つ気に入らないのは、

お酒や煙草にしても個人の判断を認めるべきだ。

色々と制約で縛るくせに自由を奪うなよ。

自由を与えて、責任を全うさせる。

だからこそ、

犯罪も成人同様で

厳しい法の裁きを受けさせるべきだ。

とにかく、やる以上は、

大人として受け入れてあげて、

社会全体で成長させてあげるべきだろう。

僕はそれこそが民主主義だと考える。

今日は、この辺で。

「過去ブログ」