Media
メディア

2022.06.25 社長ブログ

THE MATCH

6月19日

朝早く起きてから、

慌ててAbemaのPPVを買い、

午前中に必要な用事を全て済ませて、

テレビの前でピザを食べながらしっかり観戦した。

ヤーマン選手 VS 芦澤選手

海斗選手 VS 野扖選手

見所満載で、まさにTHE MATCHだった。

それに、

天心選手 VS 武尊選手の超ビックマッチ。

もう、とにかく、とにかく、とにかく感動した。

この一言に尽きた!

格闘技の経験がないから

技術的な説明は出来ないけど、

一瞬も見逃さないようにテレビにかじりついた。

ゴングが鳴った瞬間に

どちらかが敗者となる未来が来てしまう現実に

なんというか、、、切ない気持ちが芽生えてきた。

あれだけ楽しみにしていたのに、

試合が始まってほしくないという気持ちになった。

あの胸を締め付けられるような

感覚は生まれて始めての経験だった。

そんな感情とは裏腹に試合が始まり、

1Rに天心選手がダウンを奪った時は、

うわぁぁうおぉぉぉ〜と大きな声で叫びまくった。

まさに、閃光のような左フックだった、、、

はじめの一歩の

“宮田一郎”の必殺カウンターが頭に浮かんだ。

武尊選手が倒れて、

嬉しいのか、寂しいのか、

このまま試合が終わってほしいのか、

まだまだ終わってほしくないのか分からなかった。

どちらかを応援をしていた訳ではないが、

意識を飛ばさず立ち上がった武尊選手に感動した。

もう、後がなくなった

武尊選手は2R目以降はとにかく攻めた。

しかし、

天心選手の目の良さは天才的で

ことごとくパンチを交わしながら

正確にジャブを武尊選手に当てていた。

結果としては、

そのまま3Rが終わり、

天心選手の判定勝ちだった。

それにしても、

こんなに感動した試合を見たことは一度もない。

過去でいうと、

辰吉さんと薬師寺さんの試合、

魔裟斗さんと山本KIDさんの試合、

先日の井上尚弥選手とドネア選手の試合、

これまで数々のビッグマッチを観てきたが

今回ほど心が動いた試合は一度足りともなかった。

当然、二人とも知り合いでもないし、

年齢的にもかなり下の人たちにも関わらず、

二人の背負ってきたプライドや因縁や歴史を

ただのいち視聴者の自分にぶつけられた気分だ。

いやぁ〜本当に感動した。

子供の頃は、

ごっつええ感じやキムタクのドラマを観た

翌日は学校でその話題が持ちきりなっていた。

翌日、この高揚した気持ちを

誰かに話しをしたかったのは言うまでもないwww

誰に伝えて良いのか分からないけど、

ありがとうって言いたくなった一日だった。

試合後、

天心選手の笑顔を見た時、

子供みたいに屈託のない笑顔を見た時、

彼はご両親だけでなく、神からも愛されている

特別な才能のある人なのだと思った。

無敗のままキックボクシングを

引退できる選手などまず考えられない中、

彼は才能と努力で完璧なまでに全て勝ち切った。

本当におめでとうございます。

心より、尊敬します。

「過去ブログ」