Media
メディア

2019.05.01 スタッフブログ

ディベートで能力UP!

 
こんにちは!aun中牧です 😀 
 
 
 
先日、社員の皆さんで
 
ディベートを行いました!!
 
 
 
ディベートとは
 
 
 ある特定のテーマの是非について
2グループの話し手が
賛成・反対の立場に別れて、
 第3者を説得する形で議論を行うこと 

 

 

こちらは

「 洋式トイレ派 or ぼっとんトイレ派 」
 
というテーマについて話し合った様子です!
 
賛成派はそれによって
 
何が素晴らしいことなのかを訴え、
 
反対派はそれによって
 
何がよくないか、問題かを訴えます。
 
こうした形の議論(ゲーム)は、
 
実社会で頻繁に行われています!
 
 
会議のイラスト(男女混合)
 
 
この議論(ゲーム)は
 
自分が賛成・反対どちらの立場になるのか
 
直前になるまで分かりません。
 
 
個人的な主張を一旦脇に置いて、
 
賛成派・反対派。両方の言い分を
 
慎重に考慮し、客観的な視点から
 
テーマと向き合うことになります。
 
 
 
 
ディベートを行うことで
 
このような能力が身に付きます!
 
客観的・批判的・多角的な視点が身に付く。
 
論理思考ができるようになる。
 
● 自分の考えを筋道立てて
 人前で堂々と主張できるようになる。
 
情報収集・整理・処理能力が身に付く。
 
 
ディベートで身につく能力は
 
私にないものであり必要なものです。
 
 
 
 
ディベートといものは
 
すごく魅力がありますね 😆 !
 
皆さん、やってみたいと思われますか☆??