Media
メディア

2019.07.02 スタッフブログ

30分に1回「喉かわく前に」

みなさんこんにちは!

aun company中牧です!

 

どんどん気温や湿度が上がり、

熱中症の危険性が

高くなる季節になってきました 😯 

 

特に子供は

体が小さく、暑さの影響を受けやすいため

水分摂取や休憩の

タイミングに注意して

見守る必要があります!!!

 

関連画像

 

熱中症は体にこもった熱を

発散できなかったり

水分が不足したりして

頭痛、めまい、吐き気などの

症状が起こります…

 

小さいお子さんは

体温調節機能が未熟な上

「喉が渇いた」

「疲れた」など

うまく伝えられなかったり

遊びに夢中になったりするので

注意が必要です。

 

「子ども 公園 フリー素材」の画像検索結果

 

私もBBQへ行った際に

ちっちゃな子がぐったりして

嘔吐を繰り返している場面を

見たことがあり、未だに頭から離れません…

 

熱中症予防(特に幼児)
   のポイント

 ● こまめに水分補給し、
  涼しい場所で休憩を取る

 ● 外に出るときは帽子をかぶる

 ● 食事の際適度な塩分を取る

 ● お風呂に入って汗をかくなどして
 暑さに体を慣らす

 ● 熱がこもりにくい服装を心がける

 

こまめに水を取ることは

高齢者の方にもいいことがあります!

 

認知症の予防や改善ができるのです。

実際に、水を頻繁に飲んでもらう

介護施設があり、そこで

認知症がマシになった入居者さまが

実際にいるようです☺️

「子ども 水分補給 フリー素材」の画像検索結果

 

梅雨の時期だからこそ

熱中症の予防対策を行いましょう!