Media
メディア

2019.10.01 スタッフブログ

軽減税率¥細かく解説!!part1

みなさんこんにちは!

aun company中牧です!!

 

ついに!!10月になり増税が始まりました!

少し遅いかもしれませんが・・・

今回は「軽減税率」について

複雑で分からないという方のために

少しでも分かりやすく解説したいと思います!

 

私も全くわからなかったのですが

以前の勉強発表会の時に

悠生さんが「軽減税率について」

発表してくださり

とても分かりやすかったので

それも交えてお話ししたいと思います!!!

 

 
 

軽減税率を簡単に説明すると

特定の商品の消費税率を

一般的な消費税率より低く設定するルールです。

例えばスーパーマーケットの場合、

消費税率8%のままの商品と10%の商品が

並ぶことになります。

そのため軽減税率は複数税率とも呼ばれます。

 

「軽減税率 どっち」の画像検索結果

 

皆さんが1番知りたいことはきっと

何が8%で何が10%なのか

ではないでしょうか???

まずは、オーソドックスなものからお話をします。

 

関連画像

 

軽減税率が適用(8%)されるのは

スーパーやコンビニで買えるお弁当

生鮮食品、乳製品、ソフトドリンクといった

飲食料品がメインです。

食材が8%のままだと嬉しいですね😳!

 

しかし、ティッシュや絆創膏、

歯ブラシ、シャンプー、おむつなど

日用品は、残念ながら軽減税率の対象外で

消費税は10%になります。

 

「日用品」の画像検索結果

 

あとは、サービスの仕方によって

軽減税率の対象かも決まります。

出前を取ったりテイクアウトしたものは8%。

食事を加熱・配膳・後片付けする

といったケータリングサービスを受けた場合は10%。

他にも

売店や出店の場合

設置されたベンチで食べると10%。

食べ歩きは8%。

 

ほんとにややこしいですね😂!!笑

 

「テイクアウト イラスト 消費\」の画像検索結果

 

ちなみにですがイートインスペース食べる場合は

外食とみなされ、10%の消費税が適用されるので

皆さんご注意を!

 

 

「軽減税率 水」の画像検索結果

 

ミネラルウォーター8%ですが、

水道水は飲料以外にも洗濯などの

生活用水が混在しているため10%。

 

お酒はどこで買っても10%です。

醤油や塩などの調味料

軽減税率の対象で8%(食料品のため)になりますが

アルコール度数1%以上のみりんや

料理酒は10%の消費税になります。

 

ネットショッピングも主流になっていますが

軽減税率の対象はネットだからと言って特に変わりません。

(送料は10%なので販売側は影響あり。)

 

「ネットショッピング フリー素材」の画像検索結果

 

>>軽減税率¥細かく解説!!part1に続く