Media
メディア

2019.10.25 スタッフブログ

AI × 介護

皆さんこんにちは!

aun company中牧です!

 

世界の注目を集め続ける

日本のロボット。

人との関係性を重視した開発が

数多く見られています!

 

特に注目を集められているのは

「AI」

 

Blue and Yellow Phone Modules

 

近年、AIという言葉をよく耳にしますが

AIとは人工知能のことです。

AIの大きな特徴の一つは、

人間が行う知的な活動を

コンピュータが代わりに行います。

 

例えば、人間は

リンゴとオレンジを

一目見ただけで見分けられます。

頭の中で

「赤くて丸いからリンゴ」

「橙色でブツブツしているからオレンジ」

判断します。

このように

人間の脳に似た働きをするのがAIです。

 

 

近年のAIブームによって

最近登場したように思われている人も

多いですが、実は!

AIの歴史は古く1950年代から

研究が続いています。

 

そのAI技術が

介護でも役立つ未来が

待っているのです!!!

 

 

 

 

カメラで身体骨格の動きだけを識別して

服装や個人の違いに左右されずに

人が後ろ向きや横たわった状態でも

同一人物であることを認識できます。

 

他にも、

日誌の作成支援。

人物を特定してあいさつする見守り。

高齢者の転倒などを知らせる緊急対応。

日用品、食事、洗濯物等の運搬。

などが想定されています。

 

 

AI搭載ロボットの導入で、

介護スタッフの身体的な負担を

軽減するのはもちろん、

高齢者との会話や心のケアにも

期待ができます。

 

 

 

「きつい」イメージのある介護の現場は、

AI搭載ロボットの導入で

これからどう働き方が変わるのでしょうか😳

 

 

 

私の母も今年から介護の仕事を始め、

楽しみながらも腰痛を

少しずつ訴え始めています。

しかしこのAIが発展すると

必要最低限のエネルギーを使うことになり

体の負担が減って少しでも

楽になるのではないかと思います。。

 

これからのAI技術に

引き続き注目していきたいです!!

 

 

過去のブログ

「全員に知ってほしい!バリアフリーの現状」

https://aun-company.co.jp/media/2390/