Media
メディア

2019.11.07 スタッフブログ

介護職が生き残る確率〇〇%

皆さんこんにちは!

aun company中牧です!

 

 

今、自分の仕事が

自分のしていることが

出来なくなったら…

する必要が無くなってしまったら…

そんなことを考えたことはありますか?

 

person using black laptop computer

 

ロボットやAIの機能が進歩した今

過労や負担が減ると同時に

人間の力が要らなくなるという

大きなデメリットもあります。

 

1位 データ入力

2位 経理・簿記および給与計算

3位 秘書的業務

     組立等の工場労働者

     顧客情報とカスタマーサービス

     中間管理職

     会計士とその補助業務

  8   在庫管理

  9   ゼネラルマネージャー

10    郵便業務

こちらは

2022年までに減少する仕事トップ10

と言われています。

 

gold man statue

 

介護職が生き残る可能性は100%。

介護士の方は

安心したのではないでしょうか😳??

 

ただし!条件つきです!

人間にしか出来ない介護サービスを

提供できる人財だけが生き残れます。

 

手, 古い, 高齢者, 脆弱性, ケア, 老人, 自立, ヘルプ, 健康, 母, 娘, 家族, 愛

 

これからは、介護ロボットなどの

テクノロジーの導入がされていくことは確実です。

移乗や移動介助で機械化されていくなど…

 

今はまだ導入されている施設が少なく

そして介護職の人手不足によって、

いかに効率的にスピード感を持ちながら

介護サービスを提供するか

意識が向いています。

 

Blue and Silver Stetoscope

 

「おむつ交換はやくはやく!」

「移乗介助ささっと!」

「入浴介助もぱぱっと!」など…

限られた時間の中でどれだけの量をこなすか

ということが

評価の対象になっている介護施設も

多く見受けられます。

スピードを重視するあまり、

利用者の思いや気持ちに寄り添うことが

できなくなっている現状もあります。

 

Person Tying Rope to Person Right Hand

 

 

ロボットやAIは、

私にとってなのでしょうか?

それとも、味方なのでしょうか?

 

介護職は重労働で体力が必要です。

しかも高齢社会や老老介護が進んでいるということで
(老老介護についてはこちら▷老老介護・認認介護✔)

必ずロボットを使って

作業をしなければならない日

やってくると思います。

確かに全てをロボットやAIが賄っていたら

人間を物のように扱っているみたいで嫌です。

 

Woman Lying on White Textile With Sliced Cucumbers on Her Eyes

 

接客やサービスは

人間にしかできない事がたくさんあります。

人間とロボット。

力を合わせてより良い介護ができる未来

私は待っていてほしいです!

https://alis.to/tec-kaigo/articles/375M9rXkyJPL
引用・参考

過去のブログ

『介護の魅力・やりがい★』

https://aun-company.co.jp/media/915/