Media
メディア

2019.11.18 スタッフブログ

相手も1人の「人間」。パーソンセンタードケア方法。

 

 みなさんこんにちは。

 aun company中牧です。

 

 パーソンセンタードケア

 皆さんご存知でしょうか?

 介護関係のお仕事をされている方は

 知ってる方が多いと思います。

 私は初めて知りました…

 

 パーソンセンタードケアは

 認知症をもつ人を

 1人の“人”として尊重し、

 その人の視点や立場に立って

 理解し、ケアを行おうとする

 認知症ケアの考え方です。

 (http://www.pcdc.or.jp/aboutus/aboutpcc/ 引用)

 

手, 古い, 高齢者, 脆弱性, ケア, 老人, 自立, ヘルプ, 健康, 母, 娘, 家族, 愛

 

 ケアの目的

 清潔や安全であることだけではなく、

 1人1人異なる認知機能や健康の状態、

 性格、人生歴、周囲の人間関係など、

 その人の個別性をふまえ、

 関わりを通してその人が

 今どのような体験をし、

 どう感じているかを

 周囲の人が理解すること。

 そして支えることが目的です。

 

 実際に介護士をされている方に

 パーソンセンタードケアについて

 最近あった出来事を教えて下さったので

 皆さんにもご紹介させていただきます😊

 

woman standing next to woman riding wheelchair

 

 ある施設に住んでいる、

 認知症を持ったおばあさんが

「主人や息子がいなくなった」と。

「事件だから電話してほしい」と。

 不穏状態になっていました。

 

 しかしそんな中

 ある若手の介護職員さんが

 パーソンセンタードケアを使って

 おばあさんを助けたのです。

 

女性, 室内, 人々, 大人, 手, 人間, 高齢者, 自立, 孤独, Werkhanden, 住, 歳の女性

 

 フロアにあるピッチ(職員内で使う携帯)

 を、入居者様にお渡しして

 施設の電話にかけ、

 職委員の方がゆっくりと

 お話を聞きました。

 

 パーソンセンタードケアでなければ

「おばあちゃん大丈夫ですよ。」

「ちゃんと家にいるから大丈夫。」

 と、おばあさんの話を遮るように

 言い聞かせてしまう方法

 私はまず出てきてしまいます。。。

 

 しかし、

 おばあさんの意見を尊重して

 心のケアを行い、

 おばあさんも

 心から安心できたでしょうし、

 入居者様と職員の方たちとの

 信頼関係が生まれます。

 

手, 古い, 若いです, 保持, 思いやりのあります, お友達と, 家族, しわ, 人間, 老人, 高齢化

 

 あの時おばあさんを尊重しなければ

 安心して夜も眠れなかっただろうし。

 頭の中は不安でいっぱいだっただろうし。

 介護職員さんの取った行動に

 とても感動しました。

 

 業務に追われて

 大変なことが多い中、

 それを実行する介護士さんが

 すごく素敵だと思いました。

 

 皆さんも周りに

 認知症の方はいられますか?

 もしいたら

 言い聞かせたり、

 大丈夫大丈夫。というのではなく

 しっかり相手の立場になって

 尊重して意見を聞いて

 解決することが、相手の幸せに

 繋がるのだと思います😊

 

過去のブログ

『介護士と入居者の関わり』

https://aun-company.co.jp/media/613/