Media
メディア

2019.12.06 スタッフブログ

伊吹拓さんの空気感。と、少しの報告

 

 皆さんこんにちは。

 aun company中牧です。

 

 昨日は伊吹拓さん

 アトリエに行ってまいりました😳

 伊吹さんは画家であり、

 木津川アートなど

 いろいろな展示会に出展されています。

 

 aunにも絵を描いて下さり

 オフィスに飾っています!

 世界に1つだけの絵です。

 

 

 私自身、伊吹さんとは

 一度しかお会いしたことが無く

 挨拶を交わすくらいの

 少しの会話でした。

 伊吹さんの作品は

 オフィスに置いているものしか

 実際に見たことしかなく、

 他の作品はお写真でしか

 見たことがありませんでした。

 

 そしてやっと

 伊吹さんが実際に

 絵を描いているアトリエへ

 行くことができました!!!

 

 そこがとても素敵で

 山の中、緑に囲まれた中に

 かわいい建物がぽつんとあって

 まるでジブリに出てきそうな画でした。

 

 伊吹さんにお会いした時は

 とても感動しました。

 一度会ってはいますが

 実際にアトリエでお会いする伊吹さんは

 アーティスト。 画家。 伊吹拓。

 何と言いますか

 すごくオーラを感じました。

 

 

 さっそくアトリエの中を

 拝見させていただきました😳!

 たくさんの作品があり

 今まで描いた絵や

 今書いている絵。

 全てが宝物に見えました。

 

 

 私は絵には詳しくありませんが

 見ることはすごく好きです。

 

 伊吹さんの作品はどれも

 色彩がすごく美しくて

 一目見るだけで心を奪われます。

 

 私は色が好きなのですが

 色が好きって何?と思う方も

 いらっしゃるかもしれませんが

 色同士が混ざり合う感じ組み合わせ

 うまく言えないですが色を見るだけで

 すごくワクワクします。

 好きすぎて色彩検定を取ったほどです。

 

 伊吹さんの絵で私自身、

 見るのを1番楽しんでいるところ

 遠くで全体を見る楽しさ

 近くで1つ1つ見る楽しさ

 両方見ることが大好きです。

 

 

 遠くから見ると全体の色合い

 一筆一筆がまじりあっているところ。

 迫力を感じて心がぎゅーっとなります。

 

 

 近くで見ると

 絵の具の凹凸感

 色の変わり目

 何層にも重なった絵の具

 とても魅力的なんです。

 

 

 たくさん作品を見させていただいた後

 伊吹さんと色々なお話をさせて頂きました。

 初めは社長交えて

 焚き木を囲いながら

 

 

 3人でお話をしていたのですが

 社長が途中で席を外されて

 伊吹さんと2人でお話をすることに。

 

 この時私は

 伊吹さんのオーラで

 心臓ばっくばく

 何話そう何聞こう何言おう

 とパニックになっていました(笑)

 しかし

 これが伊吹さんの力なんでしょうか?

 何も話さなくても

 伊吹さんの雰囲気空気感

 とても心地よくて

 何も話さなくても、気付けば

 すごくリラックスしていました・・・。

 あの感覚

 今でも忘れられません・・・。

 

 伊吹さんとたくさんお話ができました😊

 途中聞きたいことがたくさんになって

 伊吹さんという人間をもっと知りたくて

 頭の中ごちゃごちゃになりましたが・・・

 全ての質問にとても優しく

 答えて下さいました。

 

 いつのまにか私も

 伊吹さんの空気感の中で完全に

 リラックス状態になっていて

 焚き木のパチパチっていう音と

 雨の音風の音木の揺れる音

 全ての音がとても心地よく

 帰りたくないな。。。となっていました。

 

 

 「せっかく来ていただいたので」

 と、伊吹さんが

 学生の時に書いていた

 絵を見せて下さいました!!

 

 

 もちろん

 わかりませんでした!!!😂(笑)

 すごいんです。

 すごいのは分かるのですが

 これが本当の芸術か・・・

 私にはできない。分からない。

 といった意味の「分からない」

 こういう風に

 伊吹さんの目には

 映っているんだ。

 と思いました。

 

 

 伊吹さんとお話すると

 リラックスと同時に

 頭の中にある何かモヤモヤしたものとか

 心の中にある傷とか

 すごく洗浄されたような。

 言葉で表すと何でしょう・・・

 

 

 

 お医者さん・・・?

 

 違いますね・・・

 社長は

お寺に行ったような気持になる」

 とおっしゃっていて

 それだ!!!!と思いました!

 お寺に行って

 心をきれいにされているような

 そんな感覚です。

 

 実は私、

 22歳の時にうつ病になりました。

 まだ完全に治ったわけでなく

 治療しながら働いています。

 

 伊吹さんとお話して

 伊吹さんの人生感や考え方を聞いて

 すごく勇気づけられたといいますか

 背中を押されたような感覚ではなく

 トントンとされたような

 私はこれでいいんだ。

 もっと私らしく生きてもいいんだ。

 と、すごく温かい気持ちになりました。 

 

 

 当時は本当に

 つらいことがたくさんあったのですが

 今は会社にも社長にも社員の皆にも

 すごく理解して下さっていて

 支えて下さっているから

 aunで働くことができています。

 

 完治するまでどれくらいかかるか

 まだダメなの!?

 悔しくなって自分に苛立つこともあります。

 でも、理解してくれる会社があって

 社員皆がいて、さらに伊吹さんとお話して

 自分らしく

 もっと自分らしくなれるように

 進んでいこう。

 とても前向きな気持ちになりました😊

 

 

 今、鬱を治すために。という事で

 月に何回か

 自然に囲まれた場所へ行って

 そこで何かを見て、

 何かを感じ取り、

 自然の力をいっぱい浴びてくる。

 という仕事を頂いています。

 今回の伊吹さんのアトリエも

 その理由があって

 ご一緒させていただきました。

 こんな素敵な機会を、仕事を下さり

 本当にありがとうございます。 

 

 これから私の「うつ病日記」という形で

 治療しながらaunで働く姿

 成長していく姿

 皆さんに見て頂きたいですし

 見守っていただけたらなと、思います😊

 

 そして、その行った先の場所で

 何を感じたか。どんな場所だったか。

 私のように

 何かの病気で苦しんでいる方のために

 何か発信出来たらなと、

 心から思っています。

 

 たくさんの人が助けてくれて、

 支えてくれて今の私があるように

 私もたくさんの人を

 元気づけて、笑顔にしたいです。

 

過去のブログ

『画家「伊吹拓」さんnew作品!!』

https://aun-company.co.jp/media/1242/