Media
メディア

2019.12.07 スタッフブログ

自然災害。あなたもなるかもしれない病気。

 

皆さんこんにちは。

aun company中牧です。

 

12月になり、大分気温も

下がって寒くなってきましたね・・・。

 

2019年は台風による災害が

とても多かったですよね。。

100年に1度のレベルを超えた

台風19号により

死者が90人以上も出たり

九州に数10年に1度

最高レベル5の豪雨が降ったり。

 

これからもそういう被害に

いつ合うかわからないですし

30年以内に南海トラフ巨大地震もくると

言われていますし・・・。

自然災害が起きやすい日本。

住み心地がいいけど怖い日本。

自然災害と向き合っていく上で

「エコノミークラス症候群」

とも向き合うことになるでしょう。

 

pink bell alarm clock showing 2:10

 

エコノミークラス症候群とは

長時間ずっと同じ姿勢で

足を動かさないでいると、

足の血管(特に静脈血)

血の流れが悪くなり、

血栓ができることがあります。

その血栓が、肺に運ばれて

肺の血管に詰まってしまうと、

血液で酸素を受け取ることが

出来なくなってしまいます。

 

要するに

血の塊(血栓)が血管に

詰まってしまう病気のことです。

足の腫れや胸の痛みなど、

さまざまな症状が現れます。

 

重症度によっては

1割程度は亡くなる可能性がある

といわれています。

例えば、

心臓の機能が低下している方

血圧が低下している方は、

命にかかわる可能性が

より高くなると考えられています。

 

注射器, 使い捨て注射器, 針, 皮下注射器, ワクチン接種, 年金, 健康, 溶解した薬物, 鎮痛剤

 

エコノミー症候群は、

以下のような状態にある人が

起こりやすいと言われています。

・手術後に入院中の方

・ベッドで寝たきりになっている方

・災害時の避難所生活をしている方

・飛行機やバスで
 長距離移動をしている方

 

エコノミークラス症候群という名前から

飛行機を連想してしまいますが、

長時間ずっと

同じ姿勢でいることなどが

病気の原因となるため、

災害時の避難所生活も

リスクのひとつとなります。

 

そのほかにも、

寝たきり手術後の方は、

災害時ではなく

日常生活であっても

エコノミー症候群に

陥りやすいので

注意が必要です。

 

介護施設で暮らしている方は特に

寝たきりの方がいる場合もありますよね。

介護士さんがしっかりサポートしたとしても

本人自身予防しなければ

エコノミークラス症候群になる可能性も

あるのではないでしょうか。。

それに高齢者の方だと

血管が詰まった場合

もしかしたら他の病気に

かかってしまうことも。

そんな可能性もあると思います。

 

健康, 治療法, ビタミン, タブレット, 病気, 薬局, ピル, 自分自身を治療します, 薬, 医療

 

日本は本当に自然災害が多いです。

いつ自分が

どこでどのように

被災に合うか分かりません。

もしもの時のために

非難時になりやすい

エコノミークラス症候群の

予防をする方法

知っておきましょう!!

 

ぜひ

日常生活で

エコノミークラス症候群になる

可能性が高い方
(寝たきりの方、長距離移動が多い方)

は参考にしてみて下さい!!!

 

 

・軽い体操やストレッチ運動を行う

・こまめに適量の水分を取る

・アルコールを控える

・ゆったりとした服装で、
 ベルトをきつく締めない

・かかとの上げ下ろし運動をしたり
 ふくらはぎを軽くもむ

・眠るときは足をあげる

 

意外と簡単なことなんです!

すぐできるし

ちょっとした時間

暇な時間でできるようなことです😊

私も寝るときは

足を高くして寝ています!!

 

woman standing on left foot while lifting right foot upwards during daytime

 

避難所生活をするだけでも

リスクが上がってしまうのが、

このエコノミークラス症候群の

怖いところです。

 

そして最近

ご病気・手術・入院などを

したことがあれば、さらに

リスクが高まってしまいます。

まだまだ若い方も

自分は大丈夫だろうと思っている方も

ぜひそう思わずに

何も対応しないということではなく、

いざというときに行える対策は

知っておきましょう!!!

 

woman standing while stretching beside brown leafed trees

 

いつどこで起こるか分からない

自然災害。

もし、避難所生活をしなければならない

時がきたら、大変なことだと思いますが、

その時に少しだけでも

この知識を頭に入れて

自分自身行ったり

周りの高齢者の方に

辛そうな方がいたら

その知識を生かして

ケアをしてあげてください。

避難所生活というのは

皆さんの協力が必要です。

少しでも楽に暮らせるよう

自然災害で起きる病気や対処方法を

知っておきましょう!!!