Media
メディア

2019.12.12 スタッフブログ

今日からあなたも「もったいないオバケ」

 

 皆さんこんにちは。

 aun company中牧です。

 

 先日、なんと、

 SDGs統括プランナーの方と

 直接お話をする機会があり

 とっても勉強になるお話を

 させて頂きました!!!

 

 私が今まで調べたものなんて

 まだまだ浅い部分のお話・・・。

 その時聞いたお話を

 これは皆さんに

 お伝えしなきゃ!!

 と思ったので早速

「食品ロス」について

 もっと詳しく

 お伝えしたいと思います!

 ✔ SDGs~飢餓ゼロに編~

 続編になります😊

ブロッコリー, 鶏肉, 料理, おいしい, 夕食, 皿, 食品, フライパン, 残り物, 昼食, 食事, 米

 

 食品ロスとは、

 まだ食べられるにもかかわらず

 捨てられている食品のことです。

 

 世界の食料廃棄量は

 年間約13億トン。

 日本では約646万トンの食品が

 まだ食べられるのに捨てられています。

 世界でトップクラス

 食品ロス量です・・・。

 イメージしやすく例えると 

 毎日、大型トラック(10トン車)

 約1,700台分が必要になり、

 食品を廃棄しています。

 

 地球上で飢餓に苦しむ人が

 約8億1500万人もいるというのに

 こんなにたくさん食料を

 捨てているなんて。

 絶対にダメですよね。。

 

ブロッコリー, 腐敗, 残り物

 

 食品ロスがなぜ問題なのか。

 それは、世界人口

 これから爆発的に増加するからです。

 

 現在の世界人口は、77億人です。

 しかし、

 2050年は97億人。

 2100年頃には110億人。

 まで増加すると言われています。

 このままでは

 2050年には世界中の人

 1人1人が満足して得られるご飯が

 無くなってしまうのです。

 そこでSDGsが

 「2030年までに叶える」という

 目標、ゴールを作り、

 来年から内閣や政府も

 徹底的に動き出すようです。

 

 それくらい今のままでは

 地球も人類もやばいんです。

 

環境保護, 自然保護, 生態学, エコ, バイオ, ガラス玉, フォレスト, 緑, 有機, ライブ, 地球

 

 家庭からロスが出る理由は、

 野菜の皮を厚くむき過ぎるなど、

 食べられる部分まで捨ててしまう

『過剰除去』

 

 保管しておいた食品の

 消費期限切れや

 賞味期限切れなどで

 手つかずのまま捨ててしまう

『直接廃棄』

 

 そして

『食べ残し』があります。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/
「横浜市」引用・参考

 

 大量の食品ロスが

 発生することによって、

 他のSDGsの目標にも

 いろいろな問題が出てきます。

 

 食品ロスを含めた

 多くのごみを廃棄するため、

 ごみ処理に多額のコスト

 かかっています。

 可燃ごみとして燃やすことで、

 CO2排出や焼却後の灰の埋め立て

 等による環境負荷

 問題が出てきます。

 

ガベージ, 自然, 木材, ツリー

 

 経済の問題は、日本は食料を

 輸入に頼る一方で、多くの食料を

 食べずに廃棄している状況

 とても無駄があります。

 

 人や社会への問題は、

 最初の方にもお伝えしましたが

 多くの食品ロスがある一方

 地球上で飢餓に苦しむ人

 約8億1500万人もいて。

 7人に1人の子ども

 貧困で食事に困っていて。

 私たちは1人1人が食べものを

 もっと無駄なく

 大切に想い、

 大切に消費すべきです。

 

 食品ロスを減らすためには

 食べものを

 買い物する時「買いすぎない」

 料理する時「作りすぎない」

 外食する時「注文しすぎない」

「食べ切る」「残さない」

 これを頭に入れ、工夫し、

 小さな行動も

 1人1人が取り組むことで、

 大きな削減・成果につながります。

 

米, キノコ, リゾット米, マッシュルーム (茶色) します, トマト, ハーブ, 食べる, 調理する

 

 食べものをつくる

 生産者・製造者への

 感謝の気持ち

 食べものを無駄にしない

 という意識はあっても、

 必要以上に

 買わない、作らない

 残さない。という行動に

 移せていない方が

 もしかすると

 いるかもしれません・・・。 

 

 食品ロスを減らすために

 意識することをお伝えします!

 

 

 

 ≪ 家庭での取り組み ≫

 

▼買い物の時▼

 冷蔵庫にある食材を確認する。

  買物をした後、家に同じ食材があったー!
  なんてことがないようにする。
  買物前のちょっとした時間に、
  冷蔵庫内をカメラで撮るのがおすすめです!

 

 必要な分だけ買って、食べきる

  お得なまとめ買いをしたものの、
  使わず期限が過ぎてしまい
  捨ててしまう。なんてことが無いように。
  必要な時、必要な分だけ買った方が
  お得な場合もあります。

 

 利用予定と照らして、
 期限表示を確認する

  食品スーパーで買物をする際、
  期限までの期間がより長いものを買おうと、
  棚の奥から商品を取ることもありますが、
  すぐ使う食品は棚
  の手前から取りましょう。

  期限が短かったり、切れてしまうと、
  お店で返品や廃棄してしまうので、
  お店での食品ロスが発生してしまいます。
  これは、皆さんの協力が必要です!

 

yellow shopping carts on concrete ground

 

▼料理の時▼

 正しい保存方法

  食品に記載されている
  保存方法に従って保存する。
  間違った方法で保存すると、
  食品の劣化が早くなる場合があります。

 

 ストック

  野菜は、冷凍、乾燥など
  1度に食べきれない野菜は、
  冷凍や乾燥の下処理をして
  小分け保存などして、
  食材を長持ちさせる工夫をする。

 

 残っている食材から使う

  新しく買ってきた物を
  先に使ってしまうと、
  残っている食材は傷んでしまう
  可能性があります。

 

 管理

 体調や健康、家族の予定も配慮して、
 食べきれる量を作る
 作り過ぎて残った料理は、
 リメイクレシピなどで食べきる。

four clear glass liquid bottles on beverage cooler

 

 ≪ 外での取り組み ≫


▼外食時の工夫▼

 食品ロス削減に
 積極的に取り組む店を選ぶ

  料理の量を選べる店、食べきれない料理を
  持ち帰ることができるお店を選びましょう

 

 食べられる量だけ

  ハーフサイズなどを活用し、
  食べられる量だけ注文する。
  食べられる量を相談できることで、
  食べきれる量の料理を
  おいしく食べきりましょう!
  どうしても残してしまった料理は、
  持ち帰ることができるか
  お店に相談しましょう。

 

four person earring on black wooden table

 

▼宴会時の工夫▼

 料理を楽しむ
 「味わいタイム」を設ける

  乾杯後、席を立たずに
  料理を楽しむ時間をつくる。

 

 「食べきりタイム」を設ける

  お開き前に、もう一度
  料理を食べきる時間を作って、
  「食べきり」を呼び掛あう。

 

フェスティバル, テーブル, カバー, お祝い, ボード, メガネ, 宴会テーブル, 食器, カトラリー

 

https://www.gov-online.go.jp/useful.html
「政府広報オンライン」より引用・参考

 私たち1人1人ができることは

 たくさんあります。

 地球のために、世界のために、

 未来に引き継いでいくためには

 SDGsを特別なものではなく。

 他人ごとでもなく。

「自分ごと」として捉えて、

 それぞれの活動を生活の中に

 浸透させていくことが大切です!

 

過去のブログ

『火の用心。』

https://aun-company.co.jp/media/3300/