News&Media
ニュース&メディア

2020.01.22 スタッフブログ

SDGs6~安全な水とトイレを編~

 

皆さんこんにちは。

 

今回はSDGs goal6

「安全な水とトイレを世界中に」について

「sdgs ロゴ 6」の画像検索結果

お話したいと思います。

 

✔ SDGs~初めまして編~
✔ SDGs~17のゴール編~
こちらもぜひ✔してみて下さい!

 

 

この目標は

世界中のすべての人々が

清潔な水とトイレを

安心して使える環境を目指します。

 

水は生活する上で必要不可欠なもの。

飲まなければ

健康的な体も保てません。

トイレ洗濯もできません。

水不足で死に至ることもあります。

 

日本は蛇口をひねれば

いつでも

綺麗で安全な水出てきます。

飲んでも大丈夫なほど

安全な水が出てきます。

トイレを流す水さえ

とても綺麗ですよね。

しかし、世界中を見てみると

現在も安全な水が使えない生活を

送っている人々がたくさんいます。

 

点滴, ドロップ水の, 波, ウェット, 水, サークル

 

「安全な水」とは、

SDGsの基準では

水道の配管を通して

管理されている水のことです。

 

この、管理された水を

利用することが出来ていない人

約22億人(2017年時点)もいます。

そのうち約1億4000万人

処理されていない地表水

利用しなければならない。

飲まなければならない。

という状況です。

 

少しでも安全な水を飲もうと思うと

水を遠くまで汲みに

行かなければなりません。

結果、時間を取られて

勉強や収入が

得られる仕事ができない。

これはSDGs4

「質の高い教育をみんなに」

に繋がります。

詳しくはこちら
SDGs~質のいい教育を編~

 

three women carrying basin while walking barefoot

 

衛生的でない水を飲んでしまうと、

命を落としてしまう

危険性もあります。

感染症や下痢によって、

脱水症状が起きるからです。

特に、大人に比べて

免疫のない子ども

身体に大きなダメージを

受けてしまいます。

実際に

毎日5,000人もの子どもが

安全な水が飲めず

命を落としています。

 

毎日こんなにたくさんの

小さな子供が亡くなっているなんて

とても胸が痛みます・・・。

 

しかし、

生きるために

水を飲まなければいけません。

危険だと分かっていながらも

飲まざるを得ない人々

世界にはいるのです。

 

baby clinging on back

 

安全な水を使用することは

トイレにも関係してきます。

衛生的なトイレを使えないことは

世界中で問題視されています。

 

世界中の約42億人(2017年時点)

安全に管理された衛生施設(トイレ)を

使用できていない状況です。

 

「綺麗で、安全な

 トイレを使える」

というのは

健康を保つために

とても重要なことです。

 

▽感染症・病気

屋外排泄によって、人糞に含まれる

細菌が体内に浸入します。

これによって下痢症などの

病気感染症を引き起こし、

脱水症状に陥ることもあります。

不衛生な環境が

病気をかかりやすくし、

重症化すると

命を落とすことも

少なくありません。

▽女の子が学校を休まなければならない

女の子にとって

「用を足している姿を

人に見られるかもしれない」

という不安は、申告な問題です。

思春期を迎えた女の子は

トイレが無いことで

学校を休むことも多くなります。

こうなると

授業がわからなくなることもあり、

教育に大きな影響を

与えてしまうのです。

 

▽人間としての尊厳が傷つく

用を足している姿は女の子に限らず、

性別や年齢に関わらず人に

見られたくはありません。

そのような姿を見られるのは

人としての尊厳に

傷を付けることになります。

清潔で管理されたトイレ

人目も触れず用を足せる環境づくりが、

尊厳を守ることに繋がります。

 

girl blue and yellow striped sleeveless dress standing near green grass

 

「安全な水とトイレを世界中に」

を実現させるために、

わたしたちができることを

お伝えしたいと思います。

 

水の大切さを考える

自分が普段どんな場面で

どんなふうに、どれほどの量の

水を使っているかを振り返ってみると、

水の大切さが実感できるはずです。

ぜひ、会社や家族、自宅などで

「バケツ1杯の水で1日を過ごす」

「災害用トイレで1日生活する」

といったチャレンジを行ってみて下さい。

水の大切さについて考えさせられる

大切な1日になります。

 

水を汚さないように工夫する

すぐにでも始められることは

日々の生活で

していることを気を付けるだけで

水はきれいに保たれます。

・食べかすやカップ麺の
 スープなどを排水に流さない。

・水で洗えるたわしやスポンジ
 といった商品を使用する。

・洗濯機に糸くずフィルターを取り付けて、
 余分な汚れが流れていかないようにする。

・お風呂の水は洗濯や掃除に再利用する。

・トイレにはトイレットペーパー以外の
 流せないものを流さない。

 

person standing near pond with ducks

 

何気ない毎日の行動

少しでも意識して、工夫をすれば、

水の汚れを減ことができます。

水を汚さないことは、

キレイな水を世界中に

届けるために重要です。

 

安全な水やトイレ環境が

整っている日本では、

水の大切さについて

目をそらしがちになります。

しかし、

このブログを読んでくださった皆さん。

改めて、水の大切さについて

よく考えてみて下さい。

 

いつもきれいで飲み水にもなる

日本の安全な水。

この綺麗な水が世界中に届くように

私たちがもっと

水を大切にすることから

始めましょう。

https://gooddo.jp/magazine/sdgs_2030/
「gooddo」引用・参考

過去のブログ

『SDGs~飢餓ゼロに編~』

https://aun-company.co.jp/media/3203/