Media
メディア

2020.02.05 スタッフブログ

コロナウイルス。予防のカギは「〇〇〇」

 

みなさんこんにちは!

aun company中牧です。

 

大分ブログの更新の期間が

開いてしまいました・・・。

(申し訳ございません!!)

さっそくですが

今日は今流行している

「新型コロナウイルス」について

お話していきたいと思います。

 

 

 

今、中国武漢市で発生した

「新型コロナウイルス」

感染者が増え続けています。

テレビでもたくさん

取り上げられていますし、

常にチェックしたいことです。

 

新型コロナウイルスの

全世界での感染者数

2万600人を超えました。

厚生労働省は

「日本国内で確認された

新型コロナウイルスの感染症例は

計23人になった。」

と、発表しています。

 

発生元の中国では

感染者名20,438名。

死亡者425名。

という結果がでています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09290.html
「厚生労働省」発表 引用

その猛威は収まる気配がありません。

中国の方も

「母国にいるより日本にいる方が良い!!」

という声も・・・。

 

people at Forbidden City in China during daytime

 

新型コロナウイルスの報道を

規制する動きについても

問題視されています。

中国版Twitter「ウェイボー」

中国在住の男性が

家族の症状を書き込んだところ、

投稿は削除されて

アカウントも閉鎖されました。

新型肺炎は

世界的な感染拡大も

考えられています。

 

 

この、新型肺炎の現状は、

以下の3つのことがわかっています。

 

●高齢者ほど重症度が高くなる

新型コロナウイルスでは、

死亡した感染者4人のうち3人

高齢者であることがわかっています。

高齢者に加えて、

持病のある人ほど

重症度が高くなる可能性も

考えられています。

 

●感染経路は武漢(中国)の海鮮市場

感染した198人の特性を調べると、

武漢の海鮮市場に勤務している割合が

多いことがわかりました。

そのため、市場を感染源

拡大していた可能性が指摘されています。

 

海鮮市場との接触歴がない患者も

一定数いると言われていて、

どこまで接触感染とのつながりがあるかは

未だ不明です。

 

●厚生労働省も水際対策を強化

中国では1月24日から

「春節」と呼ばれる旧正月の

大型連休が始まりました。

そのため、

中国国内の移動だけでなく

日本への渡航客も増加する危険性があり、

日本で急速に拡大する可能性があります。

 

パターン, 冬, 冷, 氷, テクスチャ, 霜, 背景, 自然, 結晶, シーズン, 冷たい, ホワイト

 

新型コロナウイルスに限らず、

一般的な肺炎も

高齢者にとっては

日頃から注意が必要な病気です!

特に高齢者の方が集まる介護施設では

たくさんの人の

外からの出入りがあるので

とても注意したいことです。

 

 

肺炎日本人の死因第3位(9.4%)を

占める病気です。

年代別に死因による死亡率を

比較した厚生労働省の調査によると、

やはり

高齢になるほど

肺炎による死亡のリスクが

高まっています。

 

「高齢になるほどかかりやすい」

という理由には

先ほどもお伝えしたように

老人ホームなど施設内で

集団感染するリスクが高い。

*誤嚥性肺炎のリスクが高くなる。
*細菌が唾液や食べ物などと一緒に体内に入り、
気管支や肺に入ることで発症する疾患。

といったことが挙げられます。

 

さらに、

障害や認知機能の低下によって

症状を自覚しづらく、

肺炎と診断されたときには

重症化していることもあります。

 

手, 古い手, 年齢, おばあちゃん, フォールド, 人間, 古い時代, 指, 年齢のスポット, 高齢者

 

高齢者や寝たきり患者のように

嚥下機能(飲み込むこと)

衰えていたり、

歯みがきやうがいが足りず

口腔内の清潔度が不十分だったり、

その原因から

口腔内の細菌がどんどん増えて

肺炎の原因菌が

気管から肺へ侵入しやすくなります。

栄養状態免疫機能の低下

誤嚥性肺炎の発症リスクを高める。

と考えられています。

 

コロナウイルスや

誤嚥性肺炎を含めた肺炎予防には、

口腔ケアがとても大切です。

口腔内は、湿度と温度が

適度に保たれているので

細菌が繁殖しやすい環境にあります。

 

食後の歯みがきを

しっかり行うこと。

定期的にうがいや口をすすいで

口の中を清潔にしておくこと。

これが

肺炎を引き起こす細菌の繁殖を防ぎ、

肺炎リスクを軽減できます。

 

スマーフ, 歯ブラシ, 歯磨き粉

 

普段から口の中を清潔に保つには、

正しい口腔ケア

身につけることがポイントです!!!

 

口腔ケアの基本は、

食後の歯みがき。

歯垢を除去して、歯石を予防します。

歯周病の予防や改善にもつながるため、

食事をしたら口腔ケアをする。

というのを、必ず習慣にしましょう!

 

これは、私の通う歯医者の先生から

教わったことですが

歯を磨く時のポイントは、

テレビや絵本で見るような

歯ブラシを大きく動かして

「シャカシャカシャカ」

音を立てて磨くのは

意味がないのです。

 

1番細菌が集まりやすい場所は

歯と歯の間歯茎と歯の間です。

歯ブラシを、その境目に

毛先が斜め45度になるように

優しく当てて、小刻み

左右横方向に動かします。

音が鳴らないのが

1番いい歯磨きの仕方です。

 

歯磨き粉, チューブ, 歯科医療, 衛生, 赤, 歯科衛生士, クリーン

 

入れ歯の場合は、

市販の入れ歯専用洗浄剤を使って、

やさしくブラッシングをしてから

流水でしっかりとすすぎます。

就寝時には入れ歯を口から外して、

水に浸して保管しておきましょう。

 

 

 

ウイルス感染の予防のためにも

家庭や介護施設での取り組みとして

口腔ケア強化して
(特に感染しやすい高齢の方)

肺炎対策に

取り入れてみてください。

 

手洗いうがいマスク着用

だけではなくて、

口腔ケアによる予防を心がけて

感染拡大を防ぎましょう!!!

https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/
「みんなの介護」引用・参考

過去のブログ

『救急車有料化?!賛成or反対』

https://aun-company.co.jp/media/3604/