Media
メディア

2020.02.07 スタッフブログ

プラスチックのない生活。~NO PULA GOMI~

 

みなさん

こんにちは!

 

最近ニュースを見るたびに

必ず見入ってしまう

「環境問題について」

 

昨日は

プラスチックを一切使わない

生活を送っている

家庭の密着がやっていました!

 

プラスチック

私たちを助けてくれるアイテムに

よく使われていますよね。

しかし今では

シリコン製になっていたり

など

色々なNOプラゴミ生活

取り上げられています!!

 

これはSDGsにも関わることなので

今回は

「プラスチックごみの

 恐ろしさ」

お話していきたいと思います。

 

ペグ, 衣読み, 乾燥, 干し, 洗濯はさみ, 家事, ランドリー, プラスチック, ロープ, ビンテージ

 

みなさん、

プラスチックのストローを

鼻につまらせて苦しむ

ウミガメの映像

見たことはありますか?

 

2050年の海は、魚よりも

ゴミの方が多くなるかもしれません。

「プラスチックの海」

になってしまうのではないか

と懸念されています。

 

 

プラスチックごみ問題で

1番問題視されているのは

「海洋プラスチック問題」です。

 

海洋プラスチックとは

海のプラスチックごみです。

世界では年間約800万トンもの

プラスチックが、ごみとして

海に流れ込んでいる

推計されています。

東京スカイツリーおよそ

222個分

ジャンボジェットおよそ

5万機分。の量になります。

 

プラスチック製のボトル, 釣り網, ネッティング, ボトル, ビーチ, クリーンアップ, ガベージ

 

この海洋プラスチックで、

特に問題になっているのが

「マイクロプラスチック」です。

環境中に捨てられたプラスチックごみは、

川から海へ流れて、

波の力や紫外線の影響などで

細かく砕けていきます。

5ミリ以下になったものが

「マイクロプラスチック」と呼ばれ、

世界中の海に存在しています。

環境中で自然に分解されることはなく

半永久的にたまり続ける

可能性があります。

 

このマイクロプラスチックが、

近年

魚や海鳥の体内から大量に

見つかっているんです。。

海の小さな生物

プラスチックをとり込んで、

それが食物連鎖

海鳥にとり込まれて

検出されています。

 

こうした食物連鎖を通じて

私たちの体内にも

蓄積しているのではないか。

と疑問に思った方は

いるのではないでしょうか?

 

カラフル, プラスチック製のビーズ, おもちゃ, ビーズ, 多くの, 小さな, シリンダー, パイプ, 混乱

 

実は去年、

オーストリアの研究グループが

日本人を含む

世界8か国の人の便を調べたら、

全員の便から

プラスチック

検出されました。

 

病気になったり命を奪うかは、

まだ研究の途上で具体的なことは

よくわかっていません。

影響がないか、今まさに

各国の研究者が調べているところなのです。

 

もし、人体に深刻な害があると

分かったとしても

体の中に入ってしまったものは

もう取り除けません。

海に広がったマイクロプラスチックを

後から回収することも

ほぼ不可能なので、

プラスチックのごみ自体を

今のうちに減らしていく

必要があります!!!

 

 

実は、プラスチックが

これほど大量生産されるようになったのは、

1年位前からなんです。

プラスチックがこれだけ

使われるようになった理由は

軽くて変質しにくい。

食品を保存するときは、

タッパーで冷蔵庫に入れておくと

長持ちする。

とても便利。

というのが挙げられます。

 

しかし!

環境への影響もあります。

まず、

プラスチックの原料が石油です。

化石燃料を大量消費するし、

処分するときも、燃やすと

石油を燃やしていることになるので

地球温暖化が進みます。

 

槐, 黄色, プラスチック, 桟橋, ロープ, 水

 

頭でも述べたように

ウミガメが鼻にストローをつまらせて

苦しむニュースがありました。

海の生物にはこのような

直接的な被害も出ています。

 

海鳥は

海面に浮遊しているものを

魚と間違えて食べてしまうことが

よくあるります。

レジ袋は浮くし、

やわらかいので飲み込んでしまって、

それで息をつまらせて

死んでしまうのです。

 

タイの海岸に打ち上げられた

クジラの胃の中から80枚ほどの

プラスチック製の袋が

見つかったこともありました。

 

私たちが出したごみで

こんなにもたくさんの生き物を

苦しめていたなんて

本当に心が痛いです。

 

魚, 水中, ダイビング, 水, 水中の世界, 海, サンゴ, リーフ, カラフル, 海の, 水の生き物

 

なぜそんなに

プラスチックが海に

集まるのでしょうか?

 

海にゴミを捨てるなんてことは

そんなにないと思います。

道端でポイ捨てされたものの一部は

海のゴミになります。

 

雨と一緒に側溝に流れ込んで

川に流れていく。

それがやがて海に流れ込む。

 

という経路で

ゴミは海にたどり着くのです。

 

 

この「プラスチックごみ問題」は、

日本にとっても

他人事ではありません。

実は、日本は1人あたりの

プラスチックごみの排出量が、

世界ワースト2位です。

 

日本よりもっと広い国なんか

めちゃくちゃあるのに!

もっと多くの人が住んでいる国なんか

めちゃくちゃあるのに!!

それなのに

日本がワースト2位って。。

私は驚きを隠せませんでした。

 

この世界のゴミ問題は

「日本のせいだ」

「日本に住む私のせいだ」

と、思った方がいいでしょう。。

 

ゴミ箱, ジャンク, コンテナ, 落書き, プラスチック, 廃棄物

 

日本はプラスチックの

再利用技術が進んでいて、

「リサイクル率が8割」

と言われています。

しかし、内訳をみると、

「マテリアルリサイクル」

と呼ばれる

材料自体のリサイクル

約20%にとどまり、

プラスチックごみの焼却による

エネルギーを再利用する

「熱回収」57%を占めています。

 

光, 管, プラスチック, 芸術の取付け, シャドウ

 

プラスチックのゴミは

環境だけでなく

生き物にも

とても大きな被害を

与えているのです。

 

NOプラゴミ生活を送るために

プラスチックを減らす工夫

お伝えしたいと思います!

 

_______________________

 

衣料品のラベルを見て、

 素材をチェック

 

マイクロプラスチックが入っている

 化粧品や衛生用品を買わない

 

●プラスチックではできていない、

 何回も使える衛生用品を使用。

 

冷凍用保存袋を他のことに再利用

 

●プラスチック以外の

 何度も使える保存容器の利用。

 

●全てのプラスチックを

 しっかりと分別する。

 

●使い捨てのプラスチックではなく、

 何度も使えるフォークを持参。

 

何度も使える瓶や水筒の利用。

 

マイバックを使用。

 

不必要なプラスチック

「いりません」と言う

 

スターバックスのストローや

スーパーでのレジ袋料金発生など

たくさんの場所で

NOプラゴミ生活を

送っています!

 

ぜひ皆さん

今のご自身の生活を改めて振り返り

家の中にどれくらい

プラスチックのものがあるか

数えてみて下さい!!!

そして、

次からは買わない。

何に替えるか。

考えてみて下さい😊!

気付かされることが

きっとたくさんあると思います。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji17/
「ニュースゼミ」引用・参考

 

過去のブログ

『「優しさ」は誰のため?』

https://aun-company.co.jp/media/3476/