Media
メディア

2020.02.11 スタッフブログ

「ゲーム」が身体に健康?!

 

最近では

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツの省略)

というコンピューターゲーム

ビデオゲームを使った

スポーツ競技

注目を置かれています。

 

eスポーツは

複数人と対戦するゲーム

スポーツとして解釈しています。

アメリカではすでに、国自身が

eスポーツをスポーツ。

として認めていて、

「プロゲーマーがスポーツ選手」

であることを認めています!

韓国や中国でも

eスポーツが発展していて

市場規模も

日本とは桁違いになっています。

 

日本ではまだeスポーツを

認知している人が少なく、

日本は世界から

eスポーツの後進国

と呼ばれているようです。

 

person holding game controller in-front of television

 

このeスポーツはなんと

若年層の間だけではなく、

脳の活性化を図る健康スポーツとして

シニア世代

eスポーツへの参入

促す動きも出始めました。

その始まりのきっかけは

埼玉県さいたま市に誕生した

「さいたま市民シルバーeスポーツ協会」です。

 

さいたま市民シルバーeスポーツ協会は、

「ゲーム=若者」という

概念を壊し、高齢者に特化して

eスポーツの普及振興を図る団体

として、2018年に誕生しました。

http://genki365.net/gnks13/mypage/mypage_sheet.php?id=142659
「埼玉市民ネットワーク」参照

 

eスポーツを高齢者の

『健康増進を図るための手段』として

全国に向けて新たなトレンドを発信する。

というのが同協会の目的です。

 

男, ボード ゲーム, 古い, 高齢者, 肖像画, 人, 通り, 再生, 戦略

 

始めに書いたようにeスポーツは

世界的に普及が進んでいます。

将来的に

オリンピック競技に採用されるのではないか。

と見通しを立てる人も多いようです。

高齢者の中で

趣味とする人が登場しても

不思議ではありません。

 

eスポーツは高齢者にとって

色々な効果があると発表されています。

そもそもゲーム自体が

脳にとても良い刺激

与えています。

例えば脳トレゲームを使った

認知トレーニング

高齢者の実行機能処理速度

向上させることが明らかになっています。

 

ゲームで、遊びながら楽しむことが

高齢者の認知機能の

維持と向上につながることが

改めて証明されています。

 

ビデオコントローラ, ビデオ ゲーム, コントローラ, リモート コントロール, ゲーム コンソール, ゲーム

 

他にも

高齢者にカーレースのテレビゲームを

「4週間で12時間やってもらう」

という検証実験が行われました。

ゲームのような

複数の作業を同時に行うこと

高齢になると衰えてしまいます。

 

しかし!実験結果から

ゲームを全くしなかった20代よりも

脳が活発に動いていることがわかりました。

適切に設計されたゲームで訓練すれば

加齢が原因で

衰えてしまった認知能力

改善することできるのです。

 

国立長寿医療研究センターなどの

研究チームは、

社会とのつながりのある高齢者ほど

認知症を発症するリスクが少ない

ということを明らかにしています。

 

・配偶者がいる

・同居家族と支援のやりとりがある

・友人との交流がある

・地域のグループ活動に参加している

・何らかの就労をしている

この5つのいずれかに該当していると

認知症の発症リスクが

低くなっていると調査報告が出ています。

 

高齢者, 退職, 男, シニア, 古い, 引退, 痴呆, おじいちゃん, 年齢, 人間, アルツハイマー

 

eスポーツは競技であり、

対戦相手と競い合う

ことが基本です。

人と交流しながら楽しめるので、

社会的なつながりを維持できる

という効果は

非常に高いといえます。

 

eスポーツに取り組むことは

「脳の活性化」

「社会との関わりから得られる刺激」

という2つの認知症予防効果

期待できるのです。

 

しかし、

競技スポーツとしてのゲームについて

内容を知らない人

全体の7割近くいるのが現状です。

これからeスポーツが

シニア層に普及していくために

周知活動をさらに

進めていくことになりそうです!

 

人, サッカー, スタジアム, 群衆, 視聴者, スポーツ, フラグ, ゲーム, 一致, 応援団, ブラジル

 

どうしても

高齢になるにつれて

人と関わる機会

外に出る回機械

減ってしまうものです。

人と話すのがすきで、

外に出るのがすきな高齢者もいれば

人と話すことも外に出ることも

億劫な方もいます。

そんな方たちにとって

eスポーツのような

コンピューターゲーム

脳を活発にさせるためにも

認知症予防のためにも

とてもいいスポーツだと思いました!

 

高齢者だけでなく

子供や学習のために

ゲームをさせるなんて、、

という賛否両論な意見もありますが

もっと普及が進めば

認知症予防の新たな光

子供の輝かし未来

射すかもしれません😊

https://www.fnn.jpMEZAMASHITelevision_HDK
「FNN PRIME」参考

https://www.minnanokaigo.com/news
「みんなの介護ニュース」引用・参考

過去のブログ

『身体に1番悪いもの。』

https://aun-company.co.jp/media/3722/