Media
メディア

2020.02.17 スタッフブログ

風邪予防に効果的な栄養は?

 

こんにちは。

管理栄養士仲村です。

 

新型コロナウイルス感染症

ずっと話題になっていますね。

日本でも各地で

感染者・肺炎発症者が確認されていて

不安な思いをされている方も

いらっしゃるかもしれません。

 

今のところ予防方法は

・石鹸やアルコール消毒液
 などによる手洗い

・咳エチケット(移さないため)

・持病がある方は人込みを避ける

ということが挙げられています。
(厚生労働省 新型コロナウイルスに
 関するQ&Aより)

 

介護福祉の現場で働く方は

ご高齢の利用者さんと

関わる時間が長いですから

勤務前の手洗いなどを

しっかり行いましょう。

 

新型コロナウイルス感染症

予防も大切ですが、

この時期は風邪

インフルエンザも流行する時期。

 

今回は、

風邪予防と栄養について

お伝えしたいと思っています!

 

ジンジャー, ホットレモン, ティー, レモン, 雪, ジュース, 冷, 防衛, 健康, 免疫システム

 

▶ビタミンCと風邪

 

風邪に効く栄養素と言えば

「ビタミンC」

思い浮かべる方が

多いのではないでしょうか。

 

1970年代に、

ノーベル賞受賞者

ライナス・ポーリング

ビタミンCが風邪を

予防・緩和する可能性がある

と結論付け、

注目されるようになったそうです。

 

その後、多くの研究が行われており

今わかっていることは

一般人がビタミンCを

日常的に補充をしても

風邪の予防にはならない

ということ。

 

なんと、

ちょっと残念な結果ですね(涙)

しかし、ここで落ち込まないで!

 

予防することに効果はなくても

風邪を引いてしまった時、

普段からビタミンCを

補充していた人の方が

早く治る可能性があるのです!

 

ジャム, リンゴジャム, アップル, 棚ぼた, 場合にはリンゴ, 牧草地, 調理する, 収穫, 庭, 秋

 

風邪の症状はつらいですから、

少しでも期間が短くなるのは

嬉しいですよね。

 

では、風邪の予防ではなく

治療はどうでしょうか。

風邪の症状が現れてから、

治療薬としてビタミンC

大量に使った研究がありますが

まだあまり効果が

認められていないようです。

 

風邪を引いてからではなく、

引く前、普段からの予防が大切

ということですね。

 

また、予防については

激しい運動をする

スポーツ選手においては

普段から

ビタミンCを補充していると

風邪の予防にも効果がある

ことが示されています。

 

マラソン選手やスキー選手では

風邪のリスクが1/2

なったそうです。

身近にスポーツをする人がいる方は

ぜひ教えてあげてくださいね。

 

ビタミンCの必要量

1日100㎎ですが

多くの年代で

摂取量が不足しており、

20~49歳では

72~73㎎しか摂っていません。

 

果物、野菜などを意識的に

増やすようにしましょう!

冬は栄養素が増えるほうれん草

最近スーパーに並び始めた

菜の花などがおすすめです。

 

green leafy vegetables

 

 

▶にんにくと風邪

 

スタミナをつけて

風邪に負けない身体を!

ということでイメージするのは

「にんにく」ではないでしょうか。

にんにくと風邪予防についても

いくつか研究があります。

 

3ヵ月間

毎日にんにく(錠)

摂取したグループ

同じ見た目の錠剤(プラセボ)

摂取したグループ

にんにく(錠)を

毎日摂取したグループの方が

風邪を引く回数が

少なかったそうです。

 

ただし、

にんにくの風邪予防効果を

検討できる研究が少なく、

かつあまり質の良い研究がないので

まだまだ信頼に

足る情報ではなさそうです。

それに、毎日にんにくは

ちょっと辛いですね(笑)

 

ニンニク, 有機, 新鮮な, 野菜, 生産

 

 

▶プロバイオティクスと風邪

 

プロバイオティクスというのは

ヨーグルトに含まれる

ビフィズス菌乳酸菌など。

一部のプロバイオティクスは

適量を摂取すると

健康によい効果がある

言われています。

 

では

風邪についてはどうでしょうか。

 

12個の研究をまとめた報告によると

プロバイオティクスを摂取すると

患者数が減り、風邪に

かかっている期間が短縮され

抗菌薬の使用が

わずかに減ったそうです。

ヨーグルトなどは

風邪予防に良いかもしれません。

 

ただし、これらの研究は

研究の質が低かったり

プロバイオティクスの製造者から

お金をもらって

研究していたりするものも多く

手放しに信頼するのはまだ早そうです。

 

もちろん、

風邪予防以外の面でも

ヨーグルトなどで

プロバイオティクスを摂取することは

体にメリットがありますので

普段の食生活に取り入れて

楽しむのは良いでしょう。

 

close-up photo of white cream in clear shot glass

 

 

▶まとめ

 

風邪の予防に効果

ありそうなものを紹介しました。

 

ビタミンCにんにく

プロバイオティクス

予防期間短縮

効果があるかもしれません。

特にビタミンC

多くの方が不足している栄養素

ですので、この機会にぜひ

意識してとるように

してみてくださいね。

 

bunch of sliced citric fruits

 

 

今回は風邪予防についてですので

新型コロナウイルス感染症

予防したりするのに効果があるかは

現時点で全く分かっていません。

手洗いアルコール

咳エチケットなど

基本的なことは忘れずに

行うようにしてくださいね。

 

今回のお話は、何らかの理由で
 治療・通院をしている方には
 当てはまらない場合があります。
 必ず主治医と相談するようにしましょう!

 

▶▶

個別の栄養サポートが必要な方、

相談をしてみたい方は

mail : yuu7.rmkn@gmail.com

LINE ID : yuu7.rmkn

まで。お気軽にご連絡ください(^^)

 

過去のブログ

『チョコレートと健康』

https://aun-company.co.jp/media/3784/

 

 

参考

コクランレビュー
ビタミンCによる風邪の予防及び治療
https://www.cochrane.org/ja/CD00098-fang-oyobizhi-liao

風邪に対するガーリック
https://www.cochrane.org/ja/CD006206/ARI_省略-surugarituku

上気道感染症(URTI)(風邪など)を
予防するためのプロバイオティクス(生菌)

https://www.cochrane.org/ja/CD006895/ARI_省略-jun