Media
メディア

2020.02.28 スタッフブログ

1人より2人、2人より3人。高齢者の1人暮らし。

 

みなさんこんにちは!

aun company中牧です。

 

今回は

『高齢者の1人暮らし』

について

お話させて頂こうと思います!

 

 

 

1人暮らしの高齢者は

年々増加しています。

 

経済・生活環境に

関する調査結果によると、

1980年には、

男性約19万人女性約69万人

2010年には、

男性約139万人

女性約341万人

こうして数字で見ると

すごく増えているのが分かります。

 

手, 人間, 古代人, 年齢, 高齢者, フォールド, 皮膚, 人, 指, 祈り, 祈る, 歳の女性, ドレス

高齢者の1人暮らしで

大きな問題になるのは

「認知症」「孤独死」です。

 

認知症を患っている

高齢者の数は439万人

高齢者全体の約15%

推計されています。

 

認知症になると、

1人で日常生活を送ることは

非常に困難になります。

それだけではなく、

ゴミ出しのルールが守れない。

などの

地域の約束事

守れなくなったり。

悪いことと認識できずに

大声で騒いで、騒音の苦情が

発生したりするなどの

近所の住人との

トラブルが起きたり。

 

最悪の場合、

今住んでいる部屋からの

退居を余儀なくされたり、

犯罪に発展したりする

場合もあるので、

認知症高齢者を

1人きりで生活させるのは

問題が大きいといえます。

 

ジャンクション, 横断歩道, 移行, 道路, 市, 人間, 人, 旧若手, ライブ

 

他にも

犯罪や火事、事故など

命に関わる事態に

巻き込まれるなど

たくさんの危険があります。

 

孤独死については

2003年は1,441人。

2012年は2,727人。

孤独死で亡くなられています。

詳しくはこちら
いつ、だれだって起こる「孤独死」
 https://aun-company.co.jp/media/3850/

 

 

 

1人暮らしをする高齢者が

増える理由には以下のことが

考えられています。

 

◎頼れる人がいない

病気の時や、

1人ではできない日常生活に

必要な作業の手伝いなど

頼れる人の有無

という質問について、

60歳以上の単身高齢者の場合

「別居の家族・親族」

66%に対して、

「いない」と答えた人が

12.3%も存在しています。

何らかの理由で

家族と別居している高齢者の中には

困ったときに頼れる人が

いない人もいるのです。

写真, アルバム, 写真家, 古い, メモリ, ノスタルジア, お土産

 

 

◎今の生活に不満がない

高齢者の経済状況に関して、

内閣府の 調査によると

「経済的な暮らし向きに心配がない」

と答えた高齢者は

約7割もいる。

という結果でした。

 

多くの高齢者は

今の経済的な暮らしに

満足していて、

このまま1人暮らしを続けても

良いと感じていることがわかります。

 

ウィンドウ, Hauswand, 家のファサード, ホームフロント, ファサード, アーキテクチャ, 風化した

 

1人暮らしをしている高齢者に

家族ができることは

1番はやはり

「一緒に暮らすこと」です。

自分にも家庭があったり、

仕事があったりという理由で、

同居が難しい場合は、

公的な見守りサービスを

活用するのが

2つ目にいい方法です。

 

認知症がある高齢者は、

腐っているものを食べてしまったり

暑くてもエアコンを使わずに

脱水症になってしまったりする

恐れがあります。

 

そのような事が起こらないために、

介護施設や訪問介護などの

サービスを利用して、

介護の専門家が接触するような

状態をつくることが大切です。

 

自動, オールドタイマー, Citroen鴨, ウィンドウ, 建物, アーキテクチャ, 古い, 市, 旅行

 

私のおばあちゃん(母方)も

昔脳梗塞になり、

左半身がマヒしています。

そして1人暮らしです。

一緒に住むことは

実家にも父方の

祖母、祖父が暮らしており

難しいため

実家の近くのマンションに

引っ越して暮らしています。

 

家族はもちろんですが、

ヘルパーさんに助けて頂いたり。

近所の人にも助けて頂いたり。

1人暮らしだった時よりも

おばあちゃん自身、

家族も安心して

毎日暮らしています。

 

しかし、皆がみんな

そういう風に

一緒に暮らす。という選択肢は

環境によって難しいです。

 

男, ボード ゲーム, 古い, 高齢者, 肖像画, 人, 通り, 再生, 戦略

 

地域や民間の見守りサービスには、

郵便や荷物の配達員が

高齢者の家に立ち寄って

声掛けしてくれるものや、

カメラやセンサーなどを使って

異常事態が起きた時に

検知してくれるものなど、

いろいろな物があります。

詳しくはこちら
「孤独死」にならないために
https://aun-company.co.jp/media/3859/

 

しかし、

こうした見守りサービスも

できることには限度があります。

 

有料老人ホームや

サービス付き高齢者向け住宅

といった高齢者住宅だと、

専門の介護スタッフが常に

高齢者の健康管理等を

行ってくれるので、

孤独死というリスクを

大きく下げることができます。

 

それ以外にも

レクリエーションや体操、

趣味のサークル活動などを

行える施設もあるので、

社会との接点も持ちながら

身体的にも精神的にも

健康に

自分らしく

過ごすことができます。

 

yellow car parked beside green tree

 

高齢者が1人暮らしをするという事は

危険なこと、かなしいことが

起きる可能性がとても高いです。

 

もし、家族や身近な方が

1人暮らしをしている。

という高齢者がいれば

このブログを読んで

本人と家族と

一度話し合ってみよう。

と思って下さると嬉しいです。

 

過去のブログ

『残業すれば罰金?新しい働き方改革』

https://aun-company.co.jp/media/3981/

https://www.azumien.jp/contents/industry/00037.html
「あずみ」引用・参考

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tyojyu-shakai-mondai/koreisha-dokkyomondai.html
「健康長治ネット」引用・参考

https://www8.cao.go.jp/kourei/index.html
「厚生労働省 高齢社会対策」引用・参考