Media
メディア

2020.03.13 スタッフブログ

「8050問題」とは??

 

 

みなさんこんにちは!

aun company中牧です!

 

以前、

『8050問題』について

ブログを書いたことがありますが

▽SOSに気付いて💡8050問題
https://aun-company.co.jp/media/1915/

 

もっと詳しく

何が問題なのか。

どうすればいいのか。

今回はしっかりと

お話していきたいと思います!

 

person looking out through window

 

みなさん

『8050問題』という言葉を

聞いたことがありますか?

 

80歳高齢の親

50歳引きこもりの子ども

一緒に暮らして、経済面を含め

支援している

 

という状態を表しています。

 

「ひきこもり」という言葉が

社会にではじめるようになった

1980年代~90年代

若者の問題とされていました。

 

約30年が経ち、

当時の若者が40代から50代

その親が70代から80代となり、

こうした親子が

社会的に孤立してしまい、

生活が立ち行かなくなる。という

深刻な状態が目立ちはじめています。

 

house on grass field under gray sky

 

『8050問題』という言葉は

必ずしも

親が80歳。子どもが50歳。

と決まっているわけではなくて、

引きこもりの子どもの

高齢化。と

それを支えてきた親も

高齢化してきている。ことを

問題視し、社会で考えていこう。

という意味でつくられました。

 

 

実際に

札幌市のアパートの一室で、

82歳の母親と

52歳の娘の遺体が発見された。

という事件がありました。

 

検針に来たガス業者が、

電気がついているのに応答がない。

それを不審に思い、

遺体が発見されました。

 

警察によると、

2人の死因は栄養失調による

衰弱死

母親が先に亡くなり、

娘さんがしばらくあと

死亡していたことがわかりました。

 

gray folding chair near white window blinds

 

近所の人によると、

娘さんは

10年以上ひきこもりの状態で、

買い物や食事の世話は

母親がしながら。

地域とのつながりも

避けるよう

暮らしていたようです。

 

 

なんでしょう・・・

すごく胸が痛くなる事件ですね。

80歳の高齢者の方に

面倒を見てもらって、

何もできず亡くなってしまった。

というのは

自分に置き換えると

母に本当に申し訳なく思います。

 

 

 

 

8050問題で起きる問題点

次のことが考えられています。

 

 

◎子どもは家事ができない

 

引きこもりである以上、

子どもは就労せずに

自宅で過ごしています。

 

子どもが買い物に行ったとしても、

ほかの家事は親がしています

 

親が要介護状態、もしくは

身の回りのことができなくなれば

途端に家が荒れていきます。

 

white concrete wall

 

 

◎子どもは「判断能力」がない

 

親の加護のもとで

何十年も暮らしていたせいか、

親の老化を

受け入れることに否定的で、

まさか親が年を取って

要介護状態になるなんて。

と、理解できない人が

多いようです。

 

介護サービスを利用する

となっても

その頻度や事業所を

決めるなどできない
(したくない)

のです。

 

person standing showing back

 

 

◎子どもが親に暴力を振るう

 

「8050問題」の家庭の子どもが

全員暴力を振るっている

というわけではありません

昔から暴力を振るっていたり

親の高齢に伴う変化が認められず、

イライラして口や手が出る

ということもあります。

 

person wearing hoodie watching mountain view during golden hour

 

 

◎他人が家に来るのを拒否する

 

子どもが

「サービスは必要ない。

家に他人が来るのはいやだ。」

という言うことがあります。

 

反対に、

親が拒否する場合も

少なくありません。

ほとんどの親御さんが、

心のどこかで

家に引きこもりの

子どもがいることは恥ずかしい。

と思われているようです。

 

そのため、

引きこもりの子どもを

見られたくないがために、

誰かが家に来るのを

拒否してしまうのです。

 

それが理由で

サービスを拒否した結果、

親御さんの状態が

悪くなったりする

どうしようもありません。

 

 

grayscale photography of man sitting on chair

 

8050問題が解決されないと

次は

「9060問題」へと

繋がってしまいます。

 

防ぐために

私たちができる対策

次のことが考えられます。

 

 

引きこもりに対する意識を変える

社会のイメージは

「引きこもりは悪いこと」

「なくさなければならないもの」

と、劣悪なものです。

 

親をはじめ、

周囲の人たちが

引きこもっている人を

腫れもの扱いすることこそが、

本人たちの

プライドを傷つけてしまい、

被害者意識を増長させている。

ということに

気づかなければなりません。

 

引きこもるようになった原因は

人それぞれです。

復帰をするために何をしても

中々できない人もたくさんいます。

 

そのために

「引きこもりをなくす」

というよりも、

「年老いた親が

面倒を見なければならない

社会にしないこと」

に目を向けなければいけません!

 

南京錠, ロック, 古い, 閉じる, ハック, さび

 

 

問題を長期化しないために
相談することも大切

引きこもりの中高年が

社会復帰できれば、

8050問題は解決します。

 

しかし、

会社勤めをすることだけが

「社会復帰」ではありません!

 

今では

自宅にいながら、

誰にも会わずにできる

仕事もありますよね。

 

そのような

「本人に合った対策」

考えるためにも、

専門の機関へ

早めに相談しましょう。

 

世間体を気にして

ずっと子供の引きこもりを

隠していては、いつまでたっても

問題は解決しません。

 

家族だけで抱え込もう

とすることこそが、

8050問題を深刻化

させる原因に

なっているのです。

 

自転車, 2 つ, ホイール, 古いバイク

 

ひきこもりは悪いことだと

私は1つも思いません!

だれにでも

ひきこもる理由

必ずあるからです。

 

8050問題を解決するには

「ひきこもり」の

悪いイメージを無くし

恥ずかしいことではない

と気付き、早く相談することが

大切なのです!

 

過去のブログ

『20歳でも認知症に?前頭側頭型認知症』

https://aun-company.co.jp/media/4121/

 

 

https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/care-manager/no31/
「みんなの介護」引用・参考

https://www3.nhk.or.jp/news/special/hikikomori/articles/crisis_07.html
「NHKwebニュース」引用・参考

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishikurafuminobu/20190707-00133222/
「Yahoo!ニュース」引用・参考