Media
メディア

2020.04.05 スタッフブログ

美味しく冷凍するコツは?vol.2

こんにちは。

管理栄養士仲村です。

 

前回のブログでは

お肉やお魚などの

冷凍保存のコツを

お伝えしました。

 

新型コロナウイルス

猛威を振るっていて、

普段よりも

家で食事をする機会が

増えた方も多いのでは

ないでしょうか。

 

まとめて買った食材

気づいたら腐っていた…

そんな事態にならないように。

 

 

前回に引き続き

「食材の冷凍保存方法」

について書きます!!

 

 

▶葉野菜

 

・ほうれん草

・小松菜

・水菜

・チンゲン菜

などの葉野菜。

 

まずは、

きれいに洗いましょう!

茎の間などに

のこっている土も

流水にあてながら

しっかりと落とします。

 

その後、

食べやすい大きさに切ったら

①そのまま冷凍

②茹でて冷凍

どちらでもOK!

 

そのままなら

手間が省けますし

茹でると

冷凍庫の場所を取りません。

 

また、

おひたしや

胡麻和えなど

調味後の冷凍

もちろんOK!

 

調理してから

小分けにして冷凍すれば

お弁当のおかずにも

ぴったりです。

 

 

▶キャベツの冷凍保存

キャベツも

ほうれん草などと同じく

生でも加熱後でも

冷凍できます。

 

ただし、

解凍後に食感が変わりやすいため

細かく刻んで冷凍したり

調味してから冷凍するのが

おすすめです。

 

調理するなら

・ロールキャベツ

・ミネストローネ

など、

くたっとやわらかい食感が

楽しめる献立がおすすめです。

 

 

▶ブロッコリーの冷凍保存

 

ブロッコリーはまず

ためた水でふり洗いして

花蕾のすきまの

ごみを落とします。

 

その後小房に分けて

塩ゆでしましょう。

 

茎の部分ももちろん

食べられます!

皮を少し厚めにむいて

スライスして茹でます。

 

粗熱を取ったら

ジップ付きの袋などで

冷凍しましょう。

 

普段の食事やお弁当、

”緑色の野菜が足りないな”

そう思うことって

多いですよね。

塩ゆでしたブロッコリー

冷凍して常備しておくと

とても便利です。

 

カリフラワー

ロマネスコ

同じ方法で

冷凍保存が可能です。

 

 

▶大根の冷凍保存

大根の煮物は

そのまま調理するよりも

冷凍保存してから

調理する方が

美味しく出来るって

知っていましたか?

 

冷凍する事で

細胞が壊され

煮込んだ時に

味が染みやすくなります!

 

ぜひ一度

おためしください。

 

また大根は

大根おろしにして

冷凍することも出来ます。

 

大根おろしを

冷凍する時は

薄く延ばした後

お箸などで区切りをつける

使う分だけ割って取り出せるので

便利です。

 

また、製氷皿などで

凍らせるのもOKです。

製氷皿で凍らせる技は

大根おろしだけでなく

離乳食のように

少しずつしか使わない時にも

使えるテクニックです!

 

 

▶玉ねぎの冷凍保存

玉ねぎは用途に分けて

スライス・みじん切りなど

いくつかの切り方に分けて

生のまま冷凍できます。

 

レシピに出てくる

「あめ色になるまで炒める」

という工程は

冷凍玉ねぎを使うと

時間短縮になりますよ。

 

▶ピーマンの冷凍保存

食べやすい形に切って

そのまま冷凍します。

 

あまり細くしすぎると

食感が残りにくいので

少し大きめにカットするのが

おすすめです。

 

また、

ピーマンは冷凍すると

苦みが弱くなるので

お子さんの食事作りでも

使える技ですよ。

 

▶トマトの冷凍保存

実は、

トマトも冷凍できます

ただし、

生のような食感には

戻らないので

解凍後は加熱調理をします。

 

解凍後のトマトは

水につけると

皮が簡単にむけるので

離乳食づくりなども

手間を省くことが出来ますよ。

 

▶いも類の冷凍保存

・じゃがいも

・かぼちゃ

・さつまいも

など、いも類は

冷凍すると

食感が悪くなるので

冷凍には向かない

食材です。

 

それでも冷凍したい場合は

茹でてやわらかくした後

塊がなくまるまで

しっかりつぶして

ペースト状にしましょう!

 

こうすることで

美味しく冷凍保存が

可能です。

 

ポテトサラダにしたり

牛乳やコンソメで伸ばし

スープに使うことが出来ます。

 

 

▶きのこ類の冷凍保存

・えのき

・しめじ

・まいたけ

・えりんぎ

などのきのこ類は

ほぐしたり、

食べやすい大きさに切ってから

冷凍します。

様々な種類のきのこを

混ぜて一つにして

オリジナルきのこミックス

作っておくのも

おすすめです!

 

冷凍のまま

フライパンや鍋に入れて

加熱しましょう。

 

 

▶まとめ

色々な野菜の冷凍保存方法を

お伝えしてきました。

どのような野菜でも

冷凍保存は可能ですので

少し買いすぎたな、

という時は

ぜひこれを参考に

冷凍保存してみてください。

 

ちょっと面倒だな…

と思った方は、

料理代行サービス

の中には

ご紹介したような

下処理をやってくれる

ところもありますので、

利用してみるのも

いかがでしょうか。

 

 

▶▶

個別の栄養サポートが必要な方、

相談をしてみたい方は

mail : yuna.n@aun-company.co.jp

LINE ID : yuu7.rmkn

まで。お気軽にご連絡ください(^^)

 

過去のブログ

『学校が休み。野菜嫌いのこども向けメニュー!』