Media
メディア

2019.04.28 スタッフブログ

『老老介護』『認認介護』知っていますか??

こんにちは!

delight の 中牧沙妃 です。

 

今回は

『老老介護・認認介護』

についてお話させて頂こうと思います。

 

皆さん、「老老介護」「認認介護」とは何か。

ご存知でしょうか??

現代の日本が直面している深刻な

問題の1つなのです 😯 !

 

 

老老介護とは

65歳以上の高齢者が

65歳以上の高齢者を介護すること。

つまり

老人が老人を介護することを意味します。

 

認認介護とは

介護する人と介護される人の双方

認知症を発症していることです。

 

中年の息子を心配する母親のイラスト

 

老老介護・認認介護の原因は

次の2つが考えられます。

 

① 医療の進歩

医療の進歩により日本人の平均寿命が延び

夫婦共に高齢、親が高齢で子供も高齢

といったケースが増え、

高齢者が高齢者を介護する状態を生み出しています。

 

さらに

平均寿命と健康寿命の差も大きくなりました

健康寿命とは

「一生のうちで、健康で活動的に生活できる期間」

をいいますが

平均寿命が延びれば

健康寿命との差が広がることで、

身体的機能の衰えだけでなく

認知症を発症するリスクも高くなります

そして、認認介護につながるという訳です。

 

 

② 核家族化

高齢者夫婦の世帯でどちらかに

介護が必要になれば、

どちらかが面倒を見ることになります。

そうして暮らしているうちに、

双方が認知症を発症すると

認認介護になってしまいます。

子供が結婚せずに親と同居を続ける

核家族という場合でも、

親子そろって高齢者となれば、老老介護です。

 

立っている大家族のイラスト「親子三代」

 

老老介護は認認介護に

つながる可能性があります。

 

少子高齢化が進む今、

このような問題が解決される方法は

ないのでしょうか…

 

将来、家族みんなが不自由なく

健康に暮らせることを願いたいです!