Company 会社案内

Message

今、ここが全ての原点。

想像力と行動力でaunに関わる全ての方に歓喜の輪を広げたい。

代表取締役渡邉 創士

2015年9月に誕生し、新たな時代を拓いた2019年=令和元年5月。私たち株式会社aunは、社名を改めリスタートを切りました。

もともと私のキャリアは調理師がスタート。例えば病院食をまずそうに食べる祖母の姿を見て「もっと美味しくできれば、ビジネスになる!」など、周囲とは異なる、数学的に料理を見ていたところがあり、さまざまな出会いを貪欲に求めた過程のなかに株式会社aunが生まれました。

物事の最短ルートを採り、より多くのチャンスに触れる。自分でも短気な性格だと自負していますが、時間だけは誰にとっても平等であり、かつ有限のものですから。

しかし、そんな私ひとりの想いやモチベーションだけで成り立っている会社ではありません。スタッフ一人ひとりが、自分に何ができるかを考え行動することで、aunは歩みを進めています。

時には厳しい言葉をかけることもあります。まぁいいか、なんて間違っても許容しません。そうやってぶつかり合い、本音で重ねた仕事の先には必ず結果がついてくる。結果がもたらすのは利益。そして利益がもたらすのは幸福です。自身を、そしてその家族や周囲の人々に歓びを与えることを目指し、結果の大切さを何度も繰り返していきます。

ところで社名に込めたのは、言語の始まりと終わりである“阿吽(あうん)”の二文字。“あ”は口を開いて初めに発する音、“ん”は口を閉じて最後に発する音です。それぞれ両極に位置することから宇宙の始まりと終わりを現すシンボルともいえます。想像力は宇宙のように無限です。小資本の会社が大企業と対等に戦うためには想像力と行動力が何より大事だ、そう考えます。

些細なこと、また想像を凌駕する多大なことも、全てはお客様が本当に求める、いいサービスと思える価値を提供し、質の高い空間を実現することにつながる。ブラック産業と呼ばれる働く環境や待遇をより良く変えていくことで、一人ひとりを幸せへと導いていくこと。お客様はもちろん、社員やその家族まで満足を届ける。その輪を広げ、aunを取り巻く環境を、ひいては業界全体を変革させることも使命と考えます。

This is aun

存在意義 / Identity 手の届く人に、手を差し伸べる。

企業の社会的責任とは、
社会問題の解決にある

それは究極のテーマですが、誰もが何もかもできるわけではありません。大上段に構えるのではなく、まずは「それって、おかしいよね」感じることからおかしくないように、納得できるように変えていく存在であり続けていきます。

私たちのアイデンティティは、実は冷酷な決断でもあります。手の届かない範囲の人は助けられない、ということですから。ただ、少なくとも手の届く人は必ず、幸せにしたい。そして、社員も会社も一歩ずつ、自らの存在感と影響力を大きくして差し伸べる範囲を広げることで、幸せにできる人が増えていくと信じています。

Company Profile 会社概要

社名 株式会社aun
設立 2015年9月設立
所在地 〒550-0015 大阪市西区南堀江1丁目16-11 RE008 5-A
代表者 代表取締役 渡邉 創士
資本金 2,150万円

aunは伊吹拓さんを応援しています。

画家『伊吹 拓』さんとaun

aunは伊吹拓さんを応援しています。伊吹さんの独特な個性や価値観に接することは、いつも自分自身と向き合い、見つめなおす機会になっています。素晴らしい作品はもちろん、人間そのものに惹かれ、純粋な気持ち、心が洗われるような感覚… 当社では伊吹さんを応援しています。2019.2.22 ブログ

aunは「日本こども支援協会」の会員です。

日本こども支援協会とは

虐待によって一人の命も失いたくない。 救われた子どもたちの未来も守りたい。 そして何より親子が親子で暮らせるように地域や国の様々な機関と連携し、 「子どもの最善」をアセスメントしながら活動している団体です。詳しくはhttps://npojcsa.com/よりご確認ください。