Media メディア

2019.10.08
社長ブログ

マネー

こんばんわ。

今日は、お金に関して少し書きたいと思います。

いきなりですが、お金の原価を知っていますか?!

10000円札=約22円
5000円札=約20円
2000円札=約16円
1000円札=約14円

500円硬貨=約30円
100円硬貨=約25円
50円硬貨=約20円
10円硬貨=約10円
5円硬貨=約7円
1円硬貨=約3円

このように言われています。

 

本来、商品というのは、原価が高いモノの売値が高くなるというのが一般的ですが、通貨に関しては、10,000円札より、500円玉の方が紙幣価値は低いのにも関わらず、原価は高いのです。

そう考えるとお金の価値というものにとても違和感を感じてしまいます。

 

そもそも、お金というモノは所詮、皆の”信用”で成立しているものでしかありません。

 

例えば、誰もが10,000円より500円の方が原価が高いから紙幣価値が高いと認識すれば価値は逆転します。

もっというと、福澤諭吉より、夏目漱石の方が評価が高いから紙幣価値は1,000円札が一番高いという適当な理屈でも構わないのです。

ちなみに、適当な理屈を書いているだけなので福澤諭吉と夏目漱石に対する見解はありませんので悪しからず。笑

 

何度も言いますが、紙幣価値というのは日本人の共通認識(信用)で成り立っているに過ぎないからです。

 

そう、考えると、お金が無いという理由だけで、誰かを傷つけたり、犯罪をしたりすることに本当に違和感を持ってしまいます。

虚しくなりますね。。。

 

あっ、それと。

最近は有名人や事業家がお金について語る場面を多く見ますが、私もお金については一つの持論があります。

 

それは、、、

未来に繋がるお金と未来に繋がらないお金があるということ。

 

やはり、お金というのは大切なモノで、とても幸せな気持ちにもなれますし、時として大切な人さえも失ってしまいます。

だからこそ、お金は慎重かつ大胆に遣うべきです。

ただ豪快なだけでなく、全てに演出がなければ無駄使いでしかありません!!

緻密な計算をしながら、対象者を喜ばせてあげる遣い方こそ、未来に繋がるお金です。

死に金となるお金は1円足りとも遣ってはいけません!

 

また、お金は使うからこそ増えるとか、お金は社会の循環になるとかいうアホな成功者のめちゃくちゃな理屈は無視して、とにかく、人やモノなどの未来に繋がる遣い方をして下さい。

それが未来の自分に活かされるはずです。

お金は無駄に遣えばなくなるだけですからね。

 

そういうことを言う人は、これからも皆さんから色々な方法でお金を集めようとします。

 

また、別の機会にでもお金の遣い方についてblogで書きたいと思います。

 

それでは、お休みなさい。

 

『過去blog』

海外ドラマ

https://aun-company.co.jp/media/1861/