Media
メディア

2019.09.26 社長ブログ

介護業界の’’光’’

  • 皆さん、こんばんわ。

 

 

先日、

発表されたSOMPOケア様の

ニュースですが吃驚しました!!

 

 

弊社も人財派遣(紹介事業)での

お付き合いをさせてもらっているのですが、

大手の法人さんがこのような

取り組みをしてくださることで、

介護現場に”光”が見えました。

 

 

優秀であっても、

能力が高くても、

人間力があっても、

報われない介護現場。

 

 

もう、

そんな時代は

終わらせなければいけませんね。

 

 

介護職員がベンツに乗って、

タワーマンションに住んで何が悪い!!

 

超優秀な人間が

たまたま介護職を天職としただけのこと。

 

年収1,000万円の

スーパー介護職員が現れたら

日本はもっと面白くなる!!

 

私はそんな希望を介護業界に抱いています。

 

 

下記、介護ニュースサイトJOINT 

※記事抜粋

 

SOMPOケアは、「十分な介護技術、知識を持つ社員に対して、その専門性の高さを評価して納得感のある処遇とする」と説明。職場環境の改善やキャリアアップの仕組みの進化、ハラスメントの撲滅などに引き続き注力する意向も示した。
 新たに公表した計画では、今年10月からの賃上げを「第1段階」と位置付けている。新設される介護報酬の新加算(特定処遇改善加算)を使うほか、年間で約10億円の会社財源を別途投入する方針だ。
これにより、各地域でトップクラスの賃金水準を実現していくとした。
 リーダー級の介護職員の社員は年間で最大約80万円、それ以外の介護福祉士などの社員は最大約65万円アップする。訪問介護や通所介護などのパートタイマーの時給も110円増やす。夜勤手当も改めて設定し直す考え。リソースは人材確保が特に困難な地域、業態へ重点的に振り向けるとした。

SOMPOケアが提示したモデル年収は以下の通り。

「介護職のリーダーを担う正社員」

年収376万円→456万円

「リーダー以外の介護福祉士正社員」

年収330万円→394万円