Media
メディア

2020.01.15 社長ブログ

’’生き急げよ’’

こんにちわ。

 

時々、仕事をバリバリしている人を

見ると’’生き急ぐなよ’’と

言う方がいますよね。

 

 

これだけ時代の流れが早く、

情報や現状が進化していく中で

ゆっくり生きるって何でしょうか?

正直、私には1ミリも理解できません。。。

 

 

少し、話は逸れますが、

政府が老後資金は一人

2,000万円必要だと発表しました。

 

「老後資金」とは?

老後がいつを指すかは人によって

様々ですが、経済的には公的年金や

預貯金などを生活資金として使い

始める時期を指すことが多いようです。

例えば、60歳以降を老後と考えた場合、

60歳時の平均余命は、男性で23.84年、

女性で29.04年となっています。

いわゆる「老後」と呼ばれる期間は

ことのほか長く、これだけの期間に

ゆとりある老後生活を送るためには、

定年退職後から支給される年金だけでは、

足りないことが予想されています。

快適な老後生活を送るためにも、

老後資金は不可欠となってくるでしょう。

 

ちなみに、

この政府の発表を嘘(幻想)

だと言う専門家は少なくありません。

経済に詳しい専門家などは一人

2,500万円は必要だと言っています。

 

つまり、

老後は一家族(夫婦)で

’’5,000万円’’以上は必要

だということになるのです。

 

 

これは、、、

生き急ぐでしょ!

って、話ですよ。

 

 

今、仕事がある人は20年後も

変わらずあると断言できますか?

その根拠は?

自分が優秀だから?

AIよりも優秀ですか?

 

現実を見ろ。

寝言は寝てから言え。

私は不安だし、怖いです。

 

 

AIの進化が加速し、

様々な職種に人がいらなくなります。

そして、仕事を失った人々は、

国(政治)が守ってくれるのか?

 

ありえない!!

 

政治が国民を守るなんて幻想だ。

むしろ、我々国民は搾取される立場だ。

今のままでは、ベーシックインカムも

実現される見込みはありません。

 

 

「AIで仕事を失うとされる職種例」

IC生産オペレーター、Webデザイン

一般事務員、鋳物工、医療事務員、

受付係、AV・通信機器組立、修理工、

駅務員、NC研削盤工、NC旋盤工、

会計監査係員、加工紙製造工、貸付係事務員、

学校事務員、カメラ組立工、機械木工、

寄宿舎・寮・マンション管理人、

CADオペレーター 、給食調理人、

教育・研修事務員、行政事務員(国)、

行政事務員(県市町村)、銀行窓口係、

金属加工・金属製品検査工、金属研磨工、

金属材料製造検査工、金属熱処理工、

金属プレス工、クリーニング取次店員、

計器組立工、警備員、経理事務員、

検収・検品係員、検針員、建設作業員、

ゴム製品成形工(タイヤ成形を除く)、

こん包工、サッシ工、産業廃棄物作業員、

紙器製造工、自動車組立工、自動車塗装工、

出荷・発送係員、じんかい収集作業員、

人事係事務員、新聞配達員、診療情報管理士、

水産ねり製品製造工、スーパー店員、

生産現場事務員、製パン工、製粉工、

製本作業員、清涼飲料ルートセールス員、

石油精製オペレーター、繊維製品検査工、

セメント生産オペレーター、倉庫作業員、

惣菜製造工、測量士、宝くじ販売人、

タクシー運転者、宅配便配達員、鍛造工、

駐車場管理人、通関士、積卸作業員、

データ入力係、電気通信技術者、

電算写植オペレーター、電子計算機保守員、

電子部品製造工、電車運転士、

道路パトロール隊員、日用品修理ショップ店員、

バイク便配達員、発電員、非破壊検査員、

ビル施設管理技術者、ビル清掃員、

物品購買事務員、プラスチック製品成形工、

プロセス製版オペレーター、ボイルオペレーター、

貿易事務員、包装作業員、保管・管理係員、

保険事務員、ホテル客室係、マシニングセンター、

オペレーター、ミシン縫製工、めっき工、

めん類製造工、郵便外務員、郵便事務員、

有料道路料金収受員、レジ係、列車清掃員、

レンタカー営業所員、路線バス運転者

 

引用元:

『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算 ~』/2015年12月2日/株式会社野村総合研究所/(https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf)より抜粋

 

 

残酷ですが、

これだけの職種の人達が

失業すると言われています。

 

20年後に年金はあるのか・・・?

それさえも、期待できません。

 

だから、私はこれからも

生き急いでいきます。

自分のためにも

大切な人たちを守るためにも!

 

 

未来を見据えて、

目標までの道のりを

逆算して行動し、最短距離で

突っ走れない人間に

未来なんてある訳がない。

皆が休んでいる時に走る。

これが、勝つための鉄則です。

 

 

これからも、aunはそう、在り続けたい。

 

 

’’生き急ごう’’

 

 

皆さんも5,000万以上

稼いでからマイペースに

楽しみながら生きて下さい。笑

 

今日もお疲れさまでした。

 

 

「過去ブログ」

ソシオパス

https://aun-company.co.jp/media/3473/