Media
メディア

2020.04.24 社長ブログ

クソコロナとクソ社会

現在、

世界中がコロナウイルスと戦っています。

 

 

匂いもせず、

目でも見えず、

捕まえることすらできない。

戦いようもない相手だ。

 

 

まるで、

神とでも戦っているような感覚だ。

 

 

クソコロナめ!

いい加減に消え失せろ!!

 

 

 

ただ、

それ以上に心配なのは、

このまま、外出自粛が長期化すれば、

もっと恐ろしい現実が待ち受けている。

 

 

まず、

お店や会社が潰れて、

自殺者が出てくるだろう。

 

 

失業した人の中から、

空き巣や窃盗などの犯罪に

手を染める人も出るだろう。

 

 

 

自粛で行動を

制約させられた

ストレスから家庭内暴力や

幼児虐待も増えてしまうだろう。

 

 

 

差別

虐め

強奪

人間の醜悪な部分が表面化してしまう。

 

 

いや、

もう、すでに、起こっている。

 

 

 

神奈川県では、

若い女性がナイフで刺される事件が起きた。

 

 

犯人は、

「コロナで生活が苦しくなった」

そう、自供したらしい・・・

 

 

また、

アホ大学生のホームレス襲撃事件。

 

 

これから、

益々、犯罪が増えるだろう。

 

 

運動不足で高齢者

身体機能の低下も予想される。

 

 

数日前のブログにも書いたが、

政府は日本人の国民性を利用し、

自粛を強要して、

保証は一切しない姿勢を貫いている。

 

 

政府は、

国民全員に

一律10万円支給で動いている。

 

その行動そのものには感謝している。

 

 

しかし、

仕事をなくした人が

10万円で何日間生活

できると思っているのだろうか?

 

家賃は支払えるのか?

 

生活必需品は買えるのだろうか?

 

ライフラインの携帯代は払えるのか?

 

 

現時点で、

10万円が毎月支給される予定はない。。。

 

 

もし、

たった一度の

10万円の支給だけで

国民が大人しく自粛できる、

安心して生活ができる、

と思っているのであれば、

あまりにも’’無能な政府’’だと言わざる得ない。

 

 

 

そして、

その無能で’’お偉い’’議員たちは、

議員報酬を2割カットすると宣言した。

 

 

しかし、

議員報酬を2割カットするだけで、

通信費や政党交付金などは丸々支給される。

 

 

実際は、

5000万以上の報酬から

4~5%カットすふだけのこと。

 

 

何が2割カットだ!!

 

 

数字のトリックで

国民を騙すのはやめろ。

 

もはや、詐欺師と変わらない。

 

本当に吐き気がする。

 

 

普段は、

偉そうに与党を叩く野党でさえ、

議員年間報酬を50%くらいカットすると

宣言する気概のある政治家はいないのか?!

 

 

ここは、

パフォーマンスでも

報酬受け取り拒否をして、

国民を安心(尊敬)させて、

今後の支持を得るという頭脳すらない。

 

 

野党は与党の

揚げ足とりだけしかせず、

SNSにあがっている

経済人や著名人の

発信に便乗している情けない現状。

 

 

 

そろそろ、

我々、国民は目を覚ます頃だ。

 

 

 

ブラジルの大統領は、

経済活動を止めない、と言った。

 

その結果で

人が亡くなることは仕方がない、と!

 

 

色々な見方や

批判はあるが、

国民を騙して、

自分たちだけは安全圏で生き残り、

苦しむ人たちを見殺しにしようとする

日本の政治家より、余程まともだ。

 

 

 

このままでは、

コロナに殺されるか?

日本政府に殺されるか?

 

最も恐れていた、

この構図になっている。

 

 

 

しかし、

最も忘れてはいけないことは、

その国会議員を選んでいるのは、

我々国民だということだ。

 

 

これまでも

不祥事を起こしたり、

問題発言(行動)をしても

数年後の選挙で何事も

なかったかのような顔をする

人間たちを選んでいるのは我々自身だ。

 

 

それに、普段は

政治に何も期待していないのに

非常時は政治家を責めて、叩く。

 

 

選挙の大切さを

改めて考えなければいけないと思う。

 

 

私自身、猛省しています。

 

 

面倒で選挙に行かなかった過去を。

政治家を適当に選んでしまった過去を。

 

 

未来の

子供たちのためにも

次の選挙からは真剣に

政治と向き合うと決めました。

 

 

 

現在、

市民(府民)のために

必死で動いている市長(府長)もいる。

 

不眠不休で

報酬も受け取らず

死ぬ気で戦ってくれている首長がいる。

 

 

また、

弊社の介護(医療)スタッフさんも

感染リスクのある中で戦ってくれている。

 

 

想像するだけで

胸が熱くなります。

 

心より感謝しています。

 

 

そして、

同時に感謝しか出来ない自分が悔しいです。

 

 

 

今回、

新たに弊社スタッフさんに、

マスクをお送りさせて頂きました。

 

 

前回同様で入手数も

限りがありましたので、

一人数枚だけですがお送りさせて頂きます。

 

是非、ご活用ください。

 

 

弊社は、

これからもスタッフさんを

全力でサポートさせて頂きます。

 

 

何かありましたら、

各担当にご相談下さい。

 

 

 

このままの

クソコロナとクソ社会に

尊い命を奪われないようにしましょう。

 

 

私は

そう生きていきます。