Media
メディア

2022.05.20 社長ブログ

4630

こんにちわー。

最近、落語を聴きながら

眠りにつくのが日課な野朗です。

さて、連日、報道されている

山口県阿武町がコロナウイルス対策関連の

給付金4630万円を誤って振り込んだ問題に

ついて自分なりの見解を書いてみることにしました。

まず、大前提として、

絶対的に悪いのは使い込んだ男です。

ただ、これ、勘違いしていけないのは、

彼は強盗した訳でもなく、詐欺をした訳でもない。

町の職員の誤送金というミスから始まったことだ!

もちろん、

ミスは誰にでも起こり得るし、

その職員を責めたい訳でもない。

これが給付金でなければ、、

皆の税金でさえなければ、、、

こんなに彼は攻撃されなかったはずだ。

誤送金したのは入職1週間の新人らしい。

これは、杜撰な管理をした役所が一番の悪だ。

きっと、今頃、

その新人の子も苦しんでいるだろう。

ちなみに、

過去にある企業から誤送金された

お金を使い込んだ人は逮捕されることもなく、

誤送金した企業が悪いと叩かれた事例などもある。

つまり、

これが町民たちの大切な血税だから

皆の怒りがおさまらないだけではないか?

しかし、彼にとっては、

ギャンブルで使えるのであれば、

税金であろうが、政治家が脱税した

お金であろうが関係なく使い切ったに違いない。

それより、

問題は彼は逮捕された今も、

全国指名手配者のような報道のされ方をしている。

今も変わらず毎日だ。

正直、

彼の行った行為は賠償は必要だが、

まだまだ、未熟な24歳の若者に対する

行き過ぎたマスコミの報道には吐き気さえする。

何度も言うが、

彼は殺人犯でもないし、詐欺師でもない。

誤送金されていなければ逮捕もされていない。

それに、もし、

彼がギャンブル依存者であれば、

病気だから、お金を使うことを止められない。

また、

彼が時間をかけてでも本気で

お金を返していく覚悟があるなら、

今、こんなにも追い詰めてしまったら

仕事にも就けなくなり、返済すらできなくなる。

結果として、

精神を病んだり、自殺をしてしまう可能性もある。

もしくは、

なんとか、開き直れて、

新たな迷惑系YouTuberになったり、

反社会性力に入ったりなどしてしまったら

誰も喜べない結末になってしまう事を想像すべきだ。

いずれにせよ、

マスコミは自分たちの飯の種のために、

一人の若者の人生を壊すことはすべきではない。

道に落ちてる財布を

ネコババしてもこんなに叩かれないだろ?

4630万という金額の問題でもないし、

税金だとかお金の出どころの全く関係ない。

もし、税金だからと怒るなら、

もっと、政治家に怒るべきやと思う。

国会議員245名に

毎月100万円の支給されている

何に使っても良い領収書いらずのお金は

2450万円×12ヶ月で3億円近くなるで。

こっちの方が問題ちゃうかな?

と、いう下らない論理の摺り替えをしてみましたw

とにかく、

彼が変われるかは分からないが、

人は偶然に手にしたお金では明るい

未来にはならないことが実証されてしまった。

宝くじに当たった人が破産するケースも多い。

綺麗にお金を使うのにもセンスがいるし、

身の丈に合ったお金くらいが良いのかもしれない。

少なくとも、

僕は大金を手に入れたら、

今、着ているブランドの服は値段を見ずに買うw

では、今日はこの辺で。

「過去ブログ」